The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
誕生日に青い花
2013-05-06 Mon 21:57
連休最終日の今日は…… 実は誕生日でした。


いくつになったか?はヒミツ(笑)ですが、あちこちからお祝いのメッセージを
たくさんいただき、暖かい気持ちになることができました。

若い時代にはなかったことです(笑)。
ひょっとしてモテキ?なわけないですが、これも写真やガラスやオーロラなど、
自分が好きなことを長く追いかけてきた結果、ごほうびとして、素敵なお仲間を
得ることができたのものと思います。


本当にありがとうございました。

長い人生の上では、すでに後半戦に差し掛かっているのだと思いますが、
そんなことは気にせず、進んで行きたいと思います。

写真は自分への花束のつもりで・・・。さあ、明日から仕事だ~ (*・ω・)ノ

青い花の海に佇んで


<青い花の海に佇んで>ネモフィラの花が丘全体を埋め尽くして、とても美しかったです。
スポンサーサイト
別窓 | | コメント:2 | トラックバック:0
木瓜の雫(ぼけのしずく)
2013-04-15 Mon 23:40
季節の花がめまぐるしく移り変わっているので、こちらも大急ぎで動かないと追いつけません。
というか追いついていません。

花には当たり年があって、それが隔年だったり、何年かに一度だったりしますが、
我が家の木瓜は今年当たり年だったようです。

あまりにきれいなので、ほぼ毎日、見て、撮っていました。

私が子供のころから、この樹は庭にあって、春ごとに美しい花を咲かせてくれていますが、
その色は、昔とは変わってきています。
昔はオレンジがかった色だった記憶があるけれど、今は、白とやさしいピンク色に変わりました。

雨あがりの花曇の午後、雫を見つけました。
お花を撮るのは難しい。
どの向きで構図をつくるか。どこにピントをあわせるか、どれだけぼかすか迷います。

今回は雫を生かしたい…。試行錯誤のあげく、やっと撮れた一枚。
う~ん、もっとやりようがあったかな。

木瓜の露
<木瓜の雫>雫の中に、もうひとつの世界。
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
桜狂想曲 その3
2013-04-10 Wed 23:15
今年は一番身近な桜も、雨だったり、花曇りだったりで、
思うようには撮れませんでした。
晴れた日もあったのに、一眼レフを持っていなかったりで。
夜は三脚ももっていないとだめですし。いつも持ってないとダメですね。


うーん!のびっ!!
<うーん!のびっ!! >家に近い河原の桜です。毎年もこもこのくす球みたいに花が咲きます。 


桜あかり
<桜あかり>職場近くの川べりの桜(夜桜)です。
若い女性二人がコンデジで写真撮っていたんですが、私が撮影し始めたら行ってしまいました。
ヘンな人だと思われたかも…。



いつもは、桜が咲いたら、山吹、レンギョウ、モクレン、菜の花、
それからミツバツツジというふうに順番に進んで行ってたんですが、
今年は何もかも一気で、まるで北国の春のようなんではないかと。

これからの桜は、北陸や東北ですね。

今年も東北の桜は縁がなさそうです。
いつかまた東北の桜を見たいな。

別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
桜狂想曲 その2
2013-04-08 Mon 23:52
東京は葉桜。関東もほぼ終わっていそうですが、その1を書いちゃったから、
まさか2を書かないわけにもいくまいということで、桜狂想曲その2です。

オーロラに逢えない悔しさを桜にぶつける(笑)つもりが、さっとかわされた感もありますが…。
(ちっ、桜にも振られたか…。)

都会の夜桜
<都会の夜桜>

3月20日過ぎには、都心があっという間に満開の桜に覆われたので、こちらも
追い立てられるように撮影。でも写真はいまいちだなあ。

宴のあと
<宴(うたげ)のあと>ボート乗り場の宴のあと。

お天気もいまいちな日が続いたので、夜空もどんよりです。残念(>_<。)


別窓 | | コメント:2 | トラックバック:0
桜狂想曲 その1
2013-04-03 Wed 23:03
平年より2週間も早く、しかもあちこち一度に来た開花と満開。
しか~し、不安定な天候続きで撮影のままならない今年の桜ですが、
とりあえず撮るだけは撮ってます。作品にはならないけど。

桜は誰もが撮影するので、よっぽど構図が独特とかシチュエーションが特別とか
でないと注目されるような作品にはならないのかもしれないです。

でも、そんなことはお構いなしに、撮りたくて出かけてしまうのですよね。
で、膨大なデータの山が…。その中には一つもお宝が見つからないなんてことも日常。

それでもきっと、いいんです。撮りたい気持ちは止められないから。

とはいえ、1%でも進化できるといいな。
欲ばりかな?

桜万華鏡
<桜万華鏡>
別窓 | | コメント:2 | トラックバック:0
秋の花々
2012-10-29 Mon 00:32
ふと、気づけば、前回から軽~く1ヶ月以上が経ちますな。

やばい(゜Д゜)今年もあと2ヶ月しかない!?
今年の夏は暑かったから、花も遅れ気味。

巾着田の曼珠沙華も10月に満開を迎えました。
というわけで、行って見ました、曼珠沙華。

人も多くて、早朝開園前に行ったけど、同じ目的の人があふれておりました。

曼荼羅化
<曼荼羅化>

ゴージャスで、壮絶な印象の曼珠沙華に対し、清楚でふわふわ可憐なコスモス。

夕日あびて
<夕日浴びて>

これもまた可愛く美しいですね。
でも、花の写真はやはり難しいものですね。

あっという間に冬が来てしまいそうな最近の冷え込み。
風邪などひかれませんように。



別窓 | | コメント:5 | トラックバック:0
乗鞍の花
2012-08-20 Mon 00:27
ご無沙汰しております。

またまた、久しぶりの更新になってしまいました(^_^;)。

毎日暑いですが、季節は移ろいつつありますね。
8月も後半、今更ですが、7月末に訪れた乗鞍での写真を載せてみます。

お花畑は満開。
高山植物は撮りなれてないけど、ひっそりと咲く姿には、惹きつけるものがあります。
1日目は、霧が出て来て幻想的な風景に逢えました。

そっと咲く
<そっと咲く>クロユリ(たぶん)

霧のお花畑
<霧のお花畑>ん?ハクサンイチゲでしたっけ???

このときは、全く心惹かれなかった花があったのですが、この後、膨大な雨に見舞われ、翌朝。




光あびて
<光あびて>コマクサです。

「美しい花と、常に砂礫が動き、他の植物が生育できないような厳しい環境に生育する事から
「高山植物の女王」と呼ばれている。(Wikipedeiaより)」のだそうです。
美しいという理由だけではないのですね。

露をまとい、朝日に照らされた花を見て、初めてきれいだと思いました。
光の力は偉大だ~。

別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
春の花々
2012-05-25 Fri 22:42
前の金環日蝕の記事がちょっと(いえ、かなり)ヒドイので、お口直しに早めのUpです。


すっかり初夏の趣きですが、取り溜めていた花の写真を遅ればせながら掲載いたします。
撮影したのは、連休前ですので、もう1ヶ月も前のことになりますね。
季節がうつろい行くのは早いものですね。

チューリップは、できるだけ色とりどりの花をめいっぱい画面にいれることを念頭に撮影。
色がうるさいくらいですね。


カラフル・カラフル
<カラフル・パレット>

紫色は、ムラサキハナナという花。
別名はショカツサイ(諸葛采),オオアラセイトウ,ハナダイコン(花大根)だそうです。

うちの母などは、ダイコンバナと呼んで、扱いがぞんざいですが(笑)、
群生しているときれいですね。

紫の森へのいざない
<紫の森へのいざない>

多重露光で撮影しています。もっといろいろ試してみたいです。

別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
櫻花夢幻
2012-04-26 Thu 23:23
長めな今年の桜シーズンも、関東ではほぼ終了してしまったようです。

新芽と遅咲きの桜の淡い色合いも好きな季節ですが、これもあっという間に終わり。
今は、新緑の季節の到来です。

北へ桜を追いかけたい気もするけれど、限度があるから、集中できるのかな。

桜のはかなさはオーロラと似ていると、私は常々思うのです。

桜花夢幻

<櫻花夢幻>花の艶
別窓 | | コメント:2 | トラックバック:0
チューリップ満開です
2011-04-25 Mon 21:13
パチンコの話じゃないですよ(だれもそんなこと思わないか)。

昭和記念公園(立川市)でチューリップが見ごろということで、日曜日に行ってきました。

本当に、こんなにも種類や色がたくさんあるのか?!というほど、形もさまざま、色とりどりで、
まさに満開、おとぎの国のようでした。
鮮やかな色は、見ているだけでもワクワク、ウキウキします。

カラーパレット
<カラーパレット>カラフルな彩りはまさにチューリップのパレットみたいに見えました。

しかし、見栄えがいいように、計算してきれいに配置された花壇を撮るのって、ニガテかも。
しかも人もものすごく多い。カメラを構えた仲間?も多い。
この人はマクロで技を使っているんだろうなあと思しき方も多数。

マクロで撮ると、私は本当につまらない写真を量産してしまう・・・。
マクロ勉強しないとだめだ。
広角も、うまくいい感じのピントにするのが難しいなあ。

でも、お天気の休日、爽やかな緑の中にいると気分いいです。
たとえ一人でも、結構楽しめます。もちろんご家族でならピクニックでも。
チューリップは4月いっぱいは見ごろだと思われます。
花が開きすぎない午前中のうちがよろしいかと。

いつ行っても、その時どきにきれいな花が咲いていて、昭和記念公園お勧めです。
(まわしものではないです(笑))



別窓 | | コメント:4 | トラックバック:0
昭和記念公園 初夏の花
2010-05-28 Fri 00:52
前回の記事「シャレーポピー」以外にも、見ごろの花はいろいろありました。

アグロステンマは、ナデシコ科の花だそうです。
これも背が高いので、私が撮れる花を探すのがたいへんでした。

アグロステンマ
<アグロステンマ>ちょっと中途半端な撮り方をしてしまったかな・・・。
紫の花を白い花たちがバックアップしているかのようです。


地味ですが、ヤマボウシという花です。花びらのように見えるのは、総苞片というものらしいです。
花は真ん中の緑の部分。咲くのはまだこれからみたい。ほのかに爽やかな香りがします。

ヤマボウシ
<ヤマボウシ>ほのかな香りがします。実は食べられるらしい・・・。苞の部分は実際はもう少し白いです。

独りちまちまと撮っていると、写真仲間とおぼしき、女性グループが、「これ、きれいね~」と
やってきて、立派なレンズのついたカメラで、激写しまくっていました。
写真撮影隊でない一般の人もどっと押し寄せて、樹のまわりは、人だかりに・・・。
すごすごとその場を後にして、日本庭園へ。


睡蓮が見ごろはじめとホームページにあったのに、その場所がどうしても見つけられず、
日本庭園で、ささやかに咲き始めた睡蓮を見つけました。
池には年季の入った亀がいて、ときどき睡蓮の下を泳いだり、顔を出して、こちらを威嚇?したりします。

睡蓮
<睡蓮>初夏の午後の光、まだ咲き初めの花、その下を音もなく泳ぐ亀・・・。


もう少し開いた花を見たかったけれど、咲き始めの花も奥ゆかしくて、楚々としてきれいですね。






別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
シャレーポピー
2010-05-23 Sun 20:00
ポピーが見頃と、あまりにテレビで言うので、土曜日に、国営昭和記念公園に行ってきました。

翌日曜日は雨の予報ということもあってか、人もめちゃくちゃ多かった。

ここはとても広く、常に何らかの花や植物が、目を楽しませてくれます。
設備も整っているし、人それぞれが自由に楽しめる、気持ちのよい空間です。

そんなわけで、某カメラメーカーの写真講座などでもよく利用される場所。
カメラと三脚を携えた人がいつもいます。私もその一人でしたが・・・。
欲を言えば、もうちょっと早朝から夜遅くまでいられるとよいのですが。


シャレーポピーの畑は想像以上に広く、ホントに満開を少し過ぎた状況。
秋にはここにコスモスが咲きます。たぶん今年もね。

ポピー畑
<ポピー畑>

お天気とは言え、空は雲で覆われていたので、空は入れたくない。ううむ、難しいぞ!
花の色にバリエーションがあるとはいえ、赤、赤、赤、赤、赤、ときどき白、ピンク、斑入りという感じで、
ほぼ、「赤一色!」遠近感がでない~!


枯れた花もあるので、どうしてもこういう写真が多くなります。
しかも結構背が高い!私など中に入ったら埋もれてしまふ。
花の貌を見るのは至難の業。

ポピーのアップ
<ポピーのアップ>

今度来るときは脚立を持ってこないとダメかも・・・。

ポピーの音符
<ポピー 音符風>

一面の赤で、目がおなかいっぱいな気分になりました。いや、おなかはすいてましたが・・・。





別窓 | | コメント:4 | トラックバック:0
| オーロラ‐ガラス | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。