The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
オーロラガラス ふたたび その2
2010-11-27 Sat 00:00
またまた、自己満足な作品かもしれないですが、自分では気に入ってます。
と、同時に、まだまだ不満足でもあり。


ここがこうならよかった、ああならよかったと、反省ばかり。

薄明のオーロラ
<暁のオーロラ>
暁と見るか、夕暮れと見るかはお好みで・・・。


同じ物を作ろうとしても、熱と遠心力と必然と、ちょっとした偶然で、
また違うものになるでしょう。

でも、またチャレンジしたい課題なのです。

スポンサーサイト
別窓 | ガラス | コメント:6 | トラックバック:0
オーロラガラス ふたたび その1
2010-11-25 Thu 00:00
最近、オーロラはもちろん(誰も信じてくれないが、海外には2年近く行ってない)、
ガラスも載せないでご無沙汰してるので、久々にガラスを掲載してみます。

ガラス作品にも、写真にも難点はありますが、そこは目をつぶっていただけると・・・。


オーロラ-ペーパーウエイト
<オーロラ-ペーパーウエイト>初期(5年以上前)から作っているペーパーウエイト。


いろいろやってるけど、ガラスでオーロラを表現するのは製法の制約上、結構難しくて、
たくさん失敗してます。

ここに出してるのも試作レベルです。

大好きな写真と違うのは、複製は決して作れないということ。

手作りなので1個上手く出来ても、次も同じ雰囲気のものが出来るとは限らない。
まして私の未熟な技術では、再現性のあるパフォーマンスを成り立たせるのは難しいのですよね。

道は遠いです・・・。

オーロラガラス-ブレイクアップ
<オーロラガラス-ブレイクアップ>ブレイクアップ-オーロラ(オーロラ爆発)をモチーフにしようと何度も試みているのですが、なかなか思うように行かないんですよね。
別窓 | ガラス | コメント:4 | トラックバック:0
軽井沢1
2007-10-16 Tue 00:23
軽井沢ガラス工房
〈軽井沢ガラス工房〉

9月某日、ガラスの先生が軽井沢に作った工房「軽井沢ガラス工房」(そのまんまやーんとつっこみ入りそうですよね)をのぞきに友人と3人で行ってきました。
工房では吹きガラスの体験ができ、花瓶などを作れます。

工房内ディスプレイ
〈工房内ディスプレイ〉

これから紅葉のシーズンですが、軽井沢に行かれたらぜひ!

翌日、天気が悪いという予報ははずれ、ぴーかんの快晴。
私がお天気女だからということにしておきました(笑)。
休日の旧軽井沢はかなりの混雑。
ミカドコーヒーのモカソフト、老舗甘味処のちもとであんみつをしっかりと食べてから
白糸の滝へ。

甘味処で
〈甘味処ちもとで 栗あんみつ、杏あんみつ、冷やし栗ぜんざいです〉

白糸の滝に向かう道は、あるポイントから、体感温度が急に下がっており、なんだか不思議でした。しかし、ここは交通の便がよいので大混雑。
写真撮るのは一苦労でしたがなんとか撮りました。

白糸の滝
〈白糸の滝 撮ってから気がついたが、ガイドブックと同じアングルだった・・・月並みなのか・・・がっくり〉

実は写真の手前などフレームの外は、ものすごい人だかりになってます。
三脚を立てるのははばかられたので、手ブレ覚悟で撮影。

別窓 | ガラス | コメント:2 | トラックバック:0
氷河を表現 したいけど・・・
2007-10-05 Fri 23:37
今はもう、秋も深まっているけど、これを作ったのは今年の7月7日、暑い日だった。

氷河をイメージ
<氷河花瓶?>

ブランクがあるのに、いきなり大だるまの前で5時間。
だるま(通称)というのは、ガラスを熱するためのグローリーホールのこと。
工房内の気温40~50℃以上。真夏は50℃の温度計が振り切れる。
だからグローリーホールの前の放射熱を測ったら、何℃になるだろう。
大きめのものが作れたのは、前半だけで、これはそのときの試作品。
ふらふらになりそうだったので、あとは省エネ体勢で、ペーパーウエイトを量産した。

氷河を表現
<氷河を表現 したいけど>

オーロラとともに惹かれている自然の姿である氷河。
これを表現できたらなと思う。
ガラスは氷を表現するには最適な素材だと思うけど、あまりにも普通になってしまう。
まだまだまだまだ。でもしばし、ガラスはお預けの予定。
別窓 | ガラス | コメント:7 | トラックバック:0
Merry Christmas ! (ガラスのクリスマス)
2006-12-23 Sat 00:40
胃腸の調子がすこぶる悪いので、「すわノロウィルス?!」と、昨夜は枕元に洗面器を用意して寝ましたが、胃腸型の風邪と忘年会の後遺症だったようで、今こうしてブログを更新することが出来ています。よかった。(~o~;)ほっ。
かかった方の話によると、かなりひどい症状になるようです。彼女は脱水症状でふらふらになり、点滴でなんとか復活したと言ってました。
万一感染して症状が出たら、すぐに病院に行きましょう。
なにより予防が一番ですけどね。

さて、クリスマスですね。今年の初めにも出したけど、この写真にもう一働きしてもらいます。(えっ、手抜きですか?ご容赦を~)
Merry Christmas !

今年もいよいよ押し詰まってきました。
冬至も過ぎ、これからだんだんと日が伸びていきますね。
皆様どんな一年でしたか?
どんなことがあっても、無事にこの一年過ごせたことを感謝の気持ちで終えられたら、
来たる年はよい年になりそうな気がします。
皆様に、それぞれ素敵なクリスマスがおとずれますように。心をこめて。
別窓 | ガラス | コメント:4 | トラックバック:0
試行錯誤つづき
2006-10-29 Sun 02:35
ものすごく久しぶりにガラスを吹いてきたので、今日は顔が火照って仕方がない。
おまけに気がつくと唇が腫れていた。これで流行りの肉感的な唇になるならいいのだが・・・。吹きざおをぶつけたのか、吹きすぎたのか、やっているときは必死なので、全く覚えがない。
二色ボウル

ブランクが長かった上に風邪からの病み上がりで、5時間吹き通しというのは、いかにも無謀だった・・・。
作品はガタガタ、私はへろへろ。スタジオレンタル代をどぶに捨てるも同然な結果。
反省。めいっぱいやるのがいいと思ってしまうけど、それもいいんだけど、いっぱいいっぱいでは身につかないこともあるんだよね。まあ吹くのは楽しかったんだからよしとしよう。
さてと、保冷剤を顔に載せて眠るとするか・・・。
別窓 | ガラス | コメント:5 | トラックバック:0
試行錯誤2
2006-10-19 Thu 00:05
最近ガラスネタがお留守でしたが、久々に出します。

どちらも試行錯誤の未完成試作品です。夏まえに製作したもの。
これはなんだかぼんやりしていますね。不満・・・。

ブレイクアップⅠ

これは形がひさんだった・・・。もやもやはうまく出たと思うんだけど。
ブレイクアップⅡ

オーロラ関係者の方には、私が何を表現したいかわかるかな・・・?
でも、どうも上手くいきません。月末に再チャレンジの予定・・・。
別窓 | ガラス | コメント:0 | トラックバック:0
試行錯誤1 熱中症に注意!
2006-08-01 Tue 23:04
当たり前だが、夏の吹き場(吹きガラスをする作業場)は暑い。
摂氏50度までの温度計。針は振り切れている。下手をすると熱中症になる。

毎年必ず、7月初めの温度と湿度が高い時期には熱中症の一歩手前まで行く。
湿度が高いと汗が蒸発しないので体温が下げられないのだ。
暑いのに寒気がして気分が悪くなり、目の前が暗くなってくると、もういけない。
作りかけのガラスは、もうどうでもよくなり、放り出して(捨てちゃう)外のコンクリートの床に倒れこむ。と、急激な温度変化で、今度はひどいむかつきが襲ってくる。
吹き場のスタッフ嬢が、慌てて保冷剤を脇の下や、首筋に当ててくれる。横になって、そのままじっと嵐が過ぎるのを待つ。
元々超低血圧(上が100あるのはまれ)&貧血体質(これじゃあ辛いでしょうと医者にはよく言われる)の自分には、歳のせいもあるのだろうけど、年々夏の吹き場がキツくなってきた。。
フジテレビ「発掘!あるある大辞典」のホームページで熱中症をテーマにした記事を読んでいたら、この段階でどうやら既に熱中症の初期だったらしい…。あらら、あぶない。
(なにもこんな特別な環境でなくとも、熱中症にはなるようです。皆様もお気をつけて。対策はリンクを見てくださいな。)

パステル調オーロラ

以前は人に遅れをとることが嫌で、気合だけで無理やりやっていた。休むことが恐かった。が、なにより体が辛いと、集中力も制作欲も落ちて、ちゃんとしたものがつくれない。暑い日でも平気な顔で吹いている人たちをうらめしく、悔しくも思う。でも。私は少なくてもいいから作りたいものをじっくり作るフェーズに入ろう。
そんなわけで、真夏の吹きはお休み。再開は秋?の予定。
別窓 | ガラス | コメント:1 | トラックバック:0
銀河
2006-07-29 Sat 22:39
明後日7月31日は、旧暦の七夕なんですね。
この時期なら確かに天の川も見えたことでしょう。
でも今年の東京は5月から雨が多くて、7月29日現在、まだ梅雨が明けません。天の川はもちろん、星空も望めない状態です。
先日、府中のプラネタリウムで、「こと座のベガ(おり姫星)、わし座のアルタイル(ひこ星)、白鳥座のデネブ」(夏の大三角形ですね)を見て、大昔の夏休みが心をよぎりました(笑)。

写真は天の川をテーマに作った大皿です。旧暦の七夕にちなんで出してみました。
直径は30センチくらいあります。
この天の川の星は銀箔でできています。銀・河ですね。
銀河をテーマに作っていた作品が結構たくさんあって、家にゴロゴロしています(笑)。

銀河皿部分

明後日の夜は星が見えるかな?梅雨明け、間に合うか?
別窓 | ガラス | コメント:2 | トラックバック:0
加工の準備
2006-07-10 Mon 23:59
昨日は一日こんなこと↓をしていました。

サンドブラストの準備

オーロラドームランプを作るために、サンドブラストの下準備です。
サンドブラスト」というのは、エアーコンプレッサーで作った圧搾空気で、砂をガラスの表面に吹き付けて彫刻する技法です。
写真はマスキングテープを貼り、表面を削りたい部分だけ、テープを切り抜いているところです。といっても、私は正式に習ったことはありません。自己流でやっています。
本当はこれにふさわしいカッターもあるのでしょうが、普通のカッターで切っています(なのでこのやり方だけを信じないでくださいね)。
この写真を撮るのは大変でした。右手でカッターを持ち、左手でカメラを、それも人差し指でシャッターを押すために超不自然な持ち方をして・・・(想像していただくと5秒くらい笑えると思います)だから手ブレご容赦を。(笑)
根を詰めて目を酷使していたせいか、今朝は頭痛に見舞われ、仕方なく鎮痛剤を飲んだら、胃腸もやられました。さらに微熱も出てきちゃいました。
どうやら風邪ですね。このところ風邪が流行っているようです。
外気と冷房の効いた屋内の温度差が身体にこたえますね。
皆様はお気をつけてください。今日はもう寝ます~。(-_-)zzzホントにヤバイな~。

別窓 | ガラス | コメント:0 | トラックバック:0
オーロラボウル
2006-06-05 Mon 23:40
ガラスはフォトジェニックな素材。写真写りがいい。
でも困るのは、いろんなものが映りこんでしまうこと。たまに自分も映ってしまい、あわてる。
「オーロラボウル」なんておこがましいかな。
現在リハビリ復習中なので、これは少し前に作ったお鉢(ボウル)。
青いオーロラを意識して色を選んでいるけれど…。現実のイメージにしばられてしまうと、表現はなかなか難しい。
オーロラボウル

オーロラボウル部分

まだまだ面白くないぞ、つまらないぞ、という自分の心の声が聴こえる。
オーロラに顔向けできないもんね。ただいま新しい表現の仕方を模索中。

別窓 | ガラス | コメント:0 | トラックバック:0
ガラス展の季節
2006-05-27 Sat 23:59
「同じ釜の飯」というが、「同じ壷(溶解炉)のガラス」を吹いた仲間がいる。
今は一緒に吹く機会がほとんどなくなってしまったが、会えば素のままでリラックスできる大切な仲間だ。
今日は一緒に大先輩のガラス展をはしごしてきた。

ガラス展ご紹介

ひとつは上保真理さんの「涼やかなGLASS展」で、こちらは吹きガラスで作ったアクセサリーが中心。
ゆるぎないひとつの世界を創られていて、すごいなあと思った。場所は白金台。とてもおしゃれなギャラリーで、
上保さんの作品にぴったりだった。6月3日まで。
もうひとつは、「ふぞろいのガラスたち」展。
ガラス職人として長年活躍していらした、なんともいい感じの井上先生とそのお仲間の作品展。
声優の水島裕さんも参加してらっしゃるので、いつもファンの方で大盛況である。
場所は自由が丘のカフェ古桑庵のギャラリー。
ここで以前、グループ展をしたことがあるが、たたずまいのいいカフェなので、お客さんも多いのだ。
11:00~18:30が会場時間。5月30日(火)17:30まで。
ガラスは、熔けているときは、1400℃以上あるが、冷えれば涼しさをかもし出す素材であることは、ご存知の通り。
やはり夏が一番のかきいれ時ということで、これからはガラス展の季節である。
気が向いたらあなたも行ってみませんか?
別窓 | ガラス | コメント:1 | トラックバック:0
| オーロラ‐ガラス | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。