The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
花火
2013-08-18 Sun 14:34
残暑お見舞い申し上げます。

ものすごくご無沙汰しております。

6月中旬以降、写真をほとんど撮らない生活をしていました。

暑い!せいもありますが、被写体がっ!のせいもありますが、言い訳ですね。

自分も家族も健康であればこそ、写真が撮れるというものですな。


で、地元の、ごく小規模な花火大会のときに、久々に撮影してみました。
あまりに久々すぎて、撮影の仕方を忘れてるし・・・。
気がひけるなあ・・・。

空のぼんぼん
<空のぼんぼん>

どこかの名物花火大会やコンクールではないので、ごく地味な花火が多かったけれど、
かわいいのと、カラフルな点で、この写真を選んでみました。


花火三兄弟
<花火三兄弟>

3つ並んだ花火は、タイムラグがあったのかどうか…夢中で撮っていたので、
いまやわからないのですが、姉妹というより兄弟ですね。

今年の暑さはとりわけ厳しいですし、雨が降ったら降ったでゲリラ豪雨なので、
みなさまもお身体をお大事に、お怪我が無いように、お過ごしください。


スポンサーサイト
別窓 | 空の表情 | コメント:2 | トラックバック:0
乗鞍の空
2012-08-25 Sat 23:19
7月の乗鞍の続きです。


天の川を久しぶりに見ました。

夕方から始まった不穏な天気は、雷鳴轟き、山小屋の屋根を叩く激しい雨をもたらしました。

天の川
<天の川>

この空になるまで、6時間あまり。
果報は寝て待てとばかり、横になったものの、みんなの心地よさそうな寝息を聴きながら、
ほぼ一睡もできず。


夜半になって、雨が止み、月が顔を出してくれました。
一斉に出動。近くの大黒岳に登り、撮影。

雲をつきぬけ
<雲をつきぬけ>

星景写真初心者がうまく撮ろうなんて、おこがましいけど、とりあえず撮影できて良かったです。
いや~良かった、朝まで眠るしかなかったら、どうしようかと思った~(^_^;)。


大黒岳は、強風に見舞われ、空も靄ってきたので、一旦撤収。
ほんの少し仮眠して、夜明け前3時ごろに、県境の道へ繰り出します。

空は新しい朝を迎える準備中。
星の数が減ってきて、明けの明星が輝いていました。

彼方のかすかな光は、夜明けの兆し。

明けの空
<明けの星>この空の色、この星の輝き、好きだなあ。


そして、そして、朝焼けた!真っ赤にやけた~。早起きしてよかったな。

朝焼け
<朝焼け>
別窓 | 空の表情 | コメント:0 | トラックバック:0
金星の太陽面通過狂想曲
2012-06-10 Sun 00:18
先週水曜日、休日出勤の振り替え休日をとって、金星の太陽面通過を
撮ってやろうと待ち構えてましたが、前の晩から雨(T_T)。

朝になっても雨。
太陽面突入時間になっても雨。降り続く雨。がっくり。。。
それでも昼過ぎまでは期待してみようと待ちました。

11時頃になってようやく陽がさしてきました。
まだ小雨でしたが、慌てて庭に準備。
でも普段使い慣れてないレンズのセットがうまくなくて、超焦り。

そんなことしてたら、陽が陰るし。

ひたすら根気強く待ち、曇り空ながら雲が薄いときは太陽が現れてくれたので、
なんとか撮影可能に。


金星の太陽面通過
<金星の太陽面通過>撮れた・・・

撮れた・・・。失敗を際限なく繰り返してきたけど、よかった。。。
とりあえず105年後まで長生きしなくて済むようです(笑)。

別窓 | 空の表情 | コメント:2 | トラックバック:0
金環日蝕
2012-05-24 Thu 23:23
今更な感がありますが、一応、金環日蝕撮影にトライ。
簡易的なフィルターを譲っていただき、撮影に挑みました。

でも露出とピントの双方を失敗しているらしく、シャープな画像が手にはいりませんでした。
特に金環日蝕になったときのリングは、にじんでしまったようで、ぶっとい。
がーん。(/_;)シクシク。

金環日蝕1

金環日蝕2

金環日蝕3
<日蝕?三態>日蝕?と?マークが入るような写真で、お粗末ながら


こりゃ、どこで見るよりヒドイわ~(我ながらあきれる)。
あきらかに露出オーバーだわ (; ・`д・´)!

カメラのモニターは標準に設定しているものの、実際より暗いらしく、風景を撮っていても
オーバーにしがちなのですが、今回もやらかしました。
数値を見れば明らかなのに、モニターを信じて、感覚で撮っているのが、まずし!


元々、天文写真の撮影は経験が浅い私。
「天文写真は一日にしてならず。」を実感しました。


撮り慣れないものを撮ることで、自分の未熟さと課題が見えて、いい経験になりました。
(スポーツ選手っぽいですかね?)

とはいえ、金環日蝕を実際に見たときのときめき、撮影している間のワクワク感を
味わうことができたので、よかったです。

なにより、金環日蝕のリングの美しさ、感動でした。
別窓 | 空の表情 | コメント:2 | トラックバック:0
花火*HANABI
2010-08-10 Tue 00:28
夏の夜空を彩る光の花。

花火大会のシーズンですね。

こちら、隅田川花火大会。
スカイツリーと花火の距離がちょっとありました(>_<)。


花火withスカイツリー
<花火 with スカイツリー> 花火より高いスカイツリ~♪(こいのぼりのメロディで!?)


花火大会ですから、詳細なプログラムが手に入る場合もあるのでしょうが、
上がってみないと、どんな花火なのか?、どこまで上がるか?は、分からず。
シャッターを切ったタイミングにもよるし、かなり偶然の産物。
でも、このランダムさが、結構好きです。

思えば、ガラスもオーロラも、かなりの偶然の産物。
私はそういうのが好きなのかもしれません。
つまり、自分が考えている以上に他力本願というか、てきとーな人間なんではないか、
と、思い当たりました。そんなことはともかく・・・。

赤と緑
<The Fireworks Red & Green & Orange


こちらは地元の花火大会。
なかなか思ったところには上がってくれないです。
選んだ場所も微妙。高さも微妙。
もう大玉狙いで撮りました。

しだれ柳
<しだれ柳が降る橋で>

家族や恋人と花火鑑賞をする人々をしりめに撮影。
いや、本当は、そっち側になりたいっ!
別窓 | 空の表情 | コメント:4 | トラックバック:0
月の彩雲
2008-10-13 Mon 22:41
煌々と月。
冷え冷えと風。
流れる雲。

はかなくうつろう月の彩雲

月の彩雲
<月の彩雲>


昨夜(ゆうべ)、月を見ていました。




しばらくお休みします。
別窓 | 空の表情 | コメント:5 | トラックバック:0
今朝の空
2006-12-28 Thu 00:38
東京にはめずらしく昨夜は冬の嵐。
大荒れに荒れ、雷も凄まじく鳴っていた。そして今朝の空。
雲は多かったけど空気が澄んで、ちょっとくすんだ浅はなだ色の空に、金色に光る、でも
灰色の雲が縞模様を作っていた。
と、ここまで書いて、今朝撮った写真を見てみたら・・・・・うーん。
お見せするような写真じゃないなあと、思ってしまった。
起床して、空を見て、おおっ!?と、カメラをつかんで2階に上がり、撮ったところまでは
よかったが・・・。
写真は難しい。まあ、こういうこともあるよね。

今日は白い富士山もちゃんと見えた。
荒れに荒れても、こうして静かで美しいひとときを感じていたいものです。
自分の内も外も。
別窓 | 空の表情 | コメント:0 | トラックバック:0
空のつづき
2006-10-13 Fri 00:32
先週末、嵐が去った翌日、新宿を歩いていた。
久しぶりの鮮やかな青空だが、ここでは高層ビルで小さく切り取られてしまう。
でも、その高層ビルに見つけた。空のつづきを。

空のつづき

先月、たまたま受講してた短期の講座に、某写真雑誌の編集さんが来て、感想コメントを求められた。フタを開けたら、その講座の広告だったのだけど。
誌面に載った記事は、「私、こんなこと言ったかな~(言ってないよ)」という感じだった。
誌面スペースに限りもあるし、要は書きたいことは最初から決まっているのだ。
若干近い仕事をしている私としては不信と感心の両方の気持ち。
でも、気をつけよう…。
別窓 | 空の表情 | コメント:2 | トラックバック:0
七夕(たなばた)
2006-07-07 Fri 01:29
今日は、たなばたでっす。二十四節季の小暑でもありますね。
でも東京では梅雨の真最中であり、今夜も星空は望めないようです。
なので、星の映っている写真にしました。
本当にちゃんと星景写真を撮ろうとしたら、いろいろな機材が必要になるのでしょうが・・・。
デジカメで撮ったため、ノイズが出ていますが、星だということは分るかな?

星空

このとき私はオーロラを待っていたけど、晴天なのにまったく現れず、しかたなく星を
撮っていました。でもこれって贅沢なんですよね。
星がいっぱい見えすぎて、どれが天の川かわからなかった。
日本では、ガラスのワークショップの見学に訪れた新島で、たまたまイベントの会場を間違え、満点の星空に遭遇して感激しました。
どこでもいいから、また満点の星空が見たいっ。

ちなみに極北の今頃は白夜なので、星はあんまり見られないはずなんですよね。
この写真はヘインズジャンクション近郊、9月の空。
別窓 | 空の表情 | コメント:4 | トラックバック:0
星空が見えない
2006-05-30 Tue 23:33
今日、会社を出たとき、空気に夏の匂いを感じた。空には細い三日月が浮かんでいた。でも星空は見えない。
5月が終わる。爽やかな晴天と緑のイメージの5月だが、雨のほうが多い月だった。
降れば寒く、陽が射せば暑くて私は風邪をひいた。
晴れても、なかなかすっきりした星空は見られないので、手持ちの星空の写真を。

星とオーロラ

写真は9月のユーコンの星空。左上に見えるのは、天空につるされたひしゃく、北斗七星だ。
緑色の光はオーロラ。北極圏に近い高位度地域は、もう白夜で深夜でも昼のようなのだそうだ。
オーロラも8月中旬までお預け。冬を迎えている南半球の南極では見えているはずだ。
冬の南極は越冬隊でもなければ行けないが、オーストラリア南部やニュージーランド南島では低位度オーロラが見える
ことがあるそうだ。
世界地図を赤道を折り目にして半分に折ると、ニュージーランド南島は北海道くらいの緯度になるのだ。
私はまだ南半球には行ったことがないが、これからの季節あちらへ旅するのなら、だめもとで夜空を見上げてみたら?
素晴らしい星空におまけがついて、南十字星とオーロラの競演が見られるかもしれない。
別窓 | 空の表情 | コメント:0 | トラックバック:0
彩雲
2006-03-03 Fri 00:46
彩雲

やや浮上。しました。
今日はひな祭りですね。なのでせめて桃色の彩雲をご覧ください。彩雲は瑞雲ともいって、古来このようなきれいな雲が見られると瑞兆(よいことがある兆し)とされてきたようです。これは昨年カナダで撮ったものですが、気をつけていればどこでも見られるはずです。
全ての人に、いいことがありますように。そして、私にも・・・。

自然破壊・地球温暖化などへの危機感から、LOHAS、自然環境保護が叫ばれていますが、同僚がこんなサイトを見つけて教えてくれました。
砂漠化リアルタイムカウンター
「現在の砂漠面積」と「緑の大地が無くなる日まであと何日」というカウンターが、ものすごい速さで回っています。なかなかにインパクトがあります。
私はLOHASの担い手とはとても言えませんが、美しい自然が失われることは避けたいです。このカウンターは説得力があると思いませんか?
いつまでも彩雲が見られるきれいな空であってほしいです。

別窓 | 空の表情 | コメント:0 | トラックバック:0
| オーロラ‐ガラス |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。