The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
Vol.8 Glass Studio 内部
2007-01-30 Tue 00:59
さて、今日はガラス関係者にしか面白くない画像かもしれませんが、よろしかったら、
おつきあいください。
ガラス工房の中を覗いたことが、おありでしょうか?
北海道の小樽をはじめ、全国各地にガラス工房ができたので、最近は珍しくないかもしれませんね。小さなガラス小屋?の中はこんなでした。

ガラスの溶解炉

↑こちら、ガラスの溶解炉です。扉が閉まっていて見えませんが、中の坩堝(るつぼ)には、
どろどろの水あめ状に融けたガラスが入っているはずです。温度は1400℃あたりです。
扉が閉まっている理由は、熱が逃げてしまうからです。
とくに寒い北欧では、すぐに熱を奪われてしまうでしょうね。
熱効率はよくないだろうと思われます。

ベンチ(作業台)

↑これはベンチ。ブローガラス=吹きガラス用の作業台です。
この作業台、およそイタリアでもアメリカでも、日本でも共通の仕様になっています。
ただ、高さは民族の身長というものがあります。
私など日本でも小さいほうなので、足がぶらぶらしてしまいます(笑)。
以前、デモンストレーションのために来日したスウェーデン人のアーチストは、なんと足を組んで作業してました。あのときは、おどろいたなあ。
見えにくいですが、台に置かれているのは、ガラス加工用のハシ、ハシに塗るワックス、水が入ったバケツ、ドライバーのようなものなど。

徐冷炉

↑これは、出来上がった作品を、だんだんと冷やして、常温までにもっていく徐冷炉です。
ガラスは温度変化に弱いので、このようなものが必要なのです。

で、作品は・・・。

作品は?

うん、わりと普通というか、日本でも良く見るタイプでした。
ホントに素朴な感じで、有名な北欧ガラス企業の製品とは違っていました。
日本でも外国でもそんなに変わらないという印象を受けて工房を後にしました。

スポンサーサイト
別窓 | 旅のはなし 北欧 | コメント:4 | トラックバック:0
Vol.7 Glass Stadio 見つけた!
2007-01-27 Sat 00:00
アイスホテルの氷の彫刻たちを見るのにも飽きてきた(見てくださっている方はもっと飽きてますかね)ので、外へ出てみた。
するとこんな看板が・・・。

Glass Studio 看板

おおっ、ガラス工房があるんだ・・・。
スウェーデンと言えば、オレフォスやコスタ・ボダなど有名なガラスの会社がある、ガラスの本場である。期待が高まる。
みやげ物屋で、オーロラのポストカードを買いつつお姉さんに聞くが、あまり教えてくれない。というか、言葉が通じなかったのかもしれない。
仕方なく、矢印の方向へ行ってみる。

氷の切り出し場?

ひらけた場所は、氷の切り出し場らしく、見事なブルーの氷のブロックが並んでいた。
今考えると、ここは川だったのだ。どうりでひらけていたわけだ。

ふと、見ると、小さな小屋がある。

ガラス

ん?これか?どうやらこれが、Glass Studio らしい。
いささか拍子抜けしたが、観光地だし、北の果てだものね。
中へ入ってみよう。

>つづく(すみません、気をもたせて。次回は工房の中です。)


別窓 | 旅のはなし 北欧 | コメント:2 | トラックバック:0
Vol.6 氷の教会
2007-01-24 Wed 00:00
アイスホテル概観

これはアイスホテルの概観。
なかなかきれいですが、でっかいかまくらのようでもありますな。

これ、なんだかわかりますか?
人物が立っている部分は、そう、十字架なのです。

氷の十字架

十字の部分がくりぬかれた十字架になっているのです。
つまりここは教会なのです。
(お!ということは、かなり罰当たりなことをしてますよね。
今頃気づきました!やばっ!私が縁遠いのはこのせい?!)

氷の教会

ここで、結婚式を挙げることができるというわけで、とても人気があるらしい。
光が幻想的で、ロマンチックですね。
そうはいってもかなり寒い結婚式だと思うのですが・・・。
別窓 | 旅のはなし 北欧 | コメント:2 | トラックバック:0
Vol.5 氷のバーと氷の客室
2007-01-21 Sun 00:00
昨日は大寒。東京では初雪がちらついた。
最も寒いこの時期だが、ここ↓を思えば暖かいかも…。

カクテルグラスも氷

寒いときに飲みたくなるのが、お酒。だが、ここではカクテルグラスも氷。
中身は、ウォッカベースのカクテルということだ。ABSOLUT ICEBAR
ま、確かに氷とガラスは、似てなくもないのだが、飲み込む前に、唇が凍りそうである。
それにこんなに寒くて酔えるのだろうか??

そして、お待たせしました。こちらが氷のベッドルーム!
客室ごとにデザインが違っていて、中には日本の囲炉裏が氷で作られている部屋もある。
火を焚けない囲炉裏なんて…と、思うのは野暮というものだろうか?
ベッドはもちろん氷。上には動物の毛皮が敷いてある。

氷のベッドルーム

お客さんは、ここでちゃんと眠るのだそうだ。但し、極寒対応の寝袋に入ってである。
パンフレットにはちゃんとその様子も写真入りで出ていたが、うーんどうなんでしょう??と、思ったら…見つけました。
実際に宿泊された方の体験談はこちら→中村勇一郎氏 Yuichiro Nakamura's Travel Diary(本当にたくさん旅をされている方です)ICEHOTEL宿泊などの体験談がとても面白いです。(ご本人からリンクの許可をいただきました。ありがとうございます。)


ところで、年始にご紹介したカナダホワイトホースに関する番組の放送は、今日でした。
ブログにときどき遊びに来てくださる現地在住の上村さんが関わったとのことですので、
ちょっと楽しみです。
1月21日(日)22:00~23:00放送予定「世界ウルルン滞在記
~カナダ・ユーコン準州ホワイトホース 極北の狩人に朝倉えりかが出会った~

別窓 | 旅のはなし 北欧 | コメント:7 | トラックバック:0
Sanctus
2007-01-17 Wed 00:00
ブログを開設して今日で1年になります。
この1年、大きなことをしているわけではない私の、このブログを見てくださってありがとうございました。
読んでくださった方、コメントしてくださった方、素晴らしい景色を見る機会を与えてくださった方、写真を教えてくださった方、評価し、励ましてくださった方がいらしたおかげで、1年続けてこれました。

蝋梅アップ
〈今年も庭の蝋梅が咲きました。私はといえば狼狽って感じですが…。〉

今、何か自分を囲む大きな壁があって、ちっぽけな自分は向こうが見えない感じです。
あるいは深い海の底にいるような…。
きっと、気づかなくてはいけない何かがあるのでは?と思っています。

そんな中で迎えた1周年の今日は、阪神・淡路大震災の日です。
1年前、たまたま開設準備が整った偶然と、オープンするなら、何か忘れてはならない日にしようという思いつきで、この日に決めました。
私は幸いなことに、震災による不幸には見舞われませんでした。
でも開設して1年たった今、この瞬間に元気で生きていること、制約があろうとも好きなことができる幸せに、気づけよと言われている気がします。

蝋梅枝ぶり
〈今年は開花が早いです。嬉しいような心配なような〉

先のことは、先に進まなければ見えないですよね。
今を大事に、いろんなことにちゃんと気づけるように、少しずつ進んでいければいいんだ、と思うことにします。

若輩者(のブログ)ですが(若くないけど)、今後ともよろしくお願いいたします。

別窓 | 感じたこと | コメント:6 | トラックバック:0
Vol.4 ユッカスヤルヴィのアイスホテル
2007-01-16 Tue 00:00
なんじゃこりゃ?

氷のたまねぎ

たまねぎにしか見えない。そう氷のたまねぎ。
ここでは、すべての物が氷でできている。でも、なんでたまねぎなの?

豪華なシャンデリアも氷

豪華なシャンデリアさえ氷。融けてきたときがコワいような。

ここは、キールナ近郊のサーメ人の村ユッカスヤルヴィにあるICEHOTEL(アイスホテル)。
トルネ川の上に建てられ、毎年12月15日ごろオープンして、冬のあいだ営業し、春になると融けて流れ、毎年新しいデザインで作られるのだという。
カナダのケベックにもアイスホテルはあるらしいのだが、そちらは見たことがない。
客室も勿論、氷でできている。想像しただけでぷるぷるぷる。
でも、とても人気があるのだそうだ!  
>つづく!>

Ice Hotel
〈入り口の看板。も氷〉
別窓 | 旅のはなし 北欧 | コメント:2 | トラックバック:0
Vol.3 鉄山の街 キールナ(スウェーデン)
2007-01-13 Sat 00:00
翌朝、キールナの街の観光にでかけた。
昔、地理の時間に耳にしていた鉄山の街は、そこそこ賑やかで、そこそこ寒々しかったが、想像していたより雪は少なかった。

キールナ
〈キールナの鉄山〉

最初に連れていかれたのは、現地の教会だった。

キールナ教会
〈キールナ教会〉

〔うっわ~。写真がものすごく下手ですね。今も決して上手くはないけど、ひどいです。
以後、お見苦しいとは思いますが、何卒ご容赦を…。〕


キールナ教会のユニークな塔
〈キールナ教会のユニークな塔〉

北欧は、西ヨーロッパとは、違った文化を持っているので、ときどき、とても面白い建物に出遭う。
ヨーロッパというよりは、アジア的な感じなのだ。
家具やガラスに見られる現代の北欧デザインが、西欧のデザインとはひと味違うのは、こういう文化に根ざしているからなのだろうか…。
別窓 | 旅のはなし 北欧 | コメント:0 | トラックバック:0
Vol.2 キールナ到着
2007-01-10 Wed 00:22
我が家を「大丈夫!」と言って出てきたが、小心者の私は「どこかからミサイルでも飛んで来たらどうしよう…」と本気で心配していた。
空港に置かれたフリーペーパーは、イラク戦争の記事で満ちている。不安でいっぱいだったが、こういう状況はめったにないので、デンマーク語もスウェーデン語も読めないのに、経由する空港のフリーペーパーをあれこれ収集しまくった。

イラク戦争を報じる北欧の新聞
〈イラク戦争を報じる北欧の新聞 自分でも驚いたけど、ちゃんととってあった〉

読めない新聞を見て、不安は募ったが、何事もなくツアー一行は、コペンハーゲン(デンマーク)・ストックホルム(スウェーデン)と無事に乗り継いでいった。
ツアーのメンバーは、ご夫婦3組、女性2人組が3組、一人参加の男女3名に添乗員さんという感じ。
キールナに向かう飛行機の上から、オーロラが見えていると言われ、窓際の人が窓を覗かせてくれた。
みんながあんまり言うので、見えた気持ちになっていたが、今考えると、飛行機のライトに幻惑された私の眼は、オーロラを捉らえてはいなかった。
きっとその視線の少し先にオーロラはあったのだ。(みんなが見えたと言うときは、諦めずに必ずきちんと教えてもらいましょう。貴重なチャンスかもしれません。)
キールナに着いたのは深夜だった。長旅で疲れているとは言え、貴重なオーロラ観測チャンス。だが一人、部屋に入ると、他の人たちの様子は全くうかがい知れなかった。
窓の外は街灯が明るかったが、どこまで行けばよいのか思い当たらず、私は無力感の中で寝入ってしまった。

別窓 | 旅のはなし 北欧 | コメント:2 | トラックバック:0
『初めてオーロラに逢いに行ったの記』 Vol.1 ドタバタな出発
2007-01-07 Sun 06:00
これを書いてしまったら、もうネタ切れになりそうだ…。だが新年だし、原点に帰ろう。
あまり面白くないかもしれないが、書いてみます。
『初めてオーロラに逢いに行ったの記』

坂本昇久氏のカレンダーを1年間眺めていて、オーロラを見に行こうと決めた話は、ブログの第1回目に書いている。
『Piloting To The Northern Lights』
そのオーロラの写真つきカレンダーには、そんなタイトルがついていた。
2002年。カレンダーを1年間眺めていたら、その年の終わりには、オーロラを見に行くと心の中で
決めていた。(これもサブリミナル効果というものか・・・。)


ここからは、その後の話。

それまで海外旅行のツアーも一人で行ったことのない箱入り?だった。
最初はいろんな友達を誘ってみた。皆一様に、「死ぬまでに一度は見たいんだけれど…」
と、言った。つまり今は行きたくないということだ。もう、一人で行くっきゃない。
その年、私は少しやけくそにになっていたのかもしれない。仕事上の立場の変化・待遇の悪化・指の骨折・もろもろのアンラッキーが背中をぽーんと押した。
本当は何の解決にもならないことはわかっていたが、とにかくこの目でオーロラというものを見てみたかった。
母の顰蹙を買いながらも、夢中で準備を進めた。
オーロラに関する本を読みあさり、インターネットで情報を集め、カメラの三脚を買った。
折からアメリカとイラクが一触即発の情勢になってきた。
9・10の同時多発テロ以来、アメリカ方面にいくのは怖い気がして、行き先は北欧に決めた。
ところが明日出発という夕方、会社が海外に行く者は特別に申請をせよという。
ひっそり行ってこようと思っていたのに…。ともかく許可をもらって、家に帰れば、「まさか行かないんでしょうね?」と母が待ち構えていた!荷物は成田に送ってしまってるというのに。
「大丈夫方向が違うから。うーんと北に行くんだから。」なんとか説き伏せて出発。
成田空港は特に変わりもない。
でも搭乗前に家に電話をすると、「戦争が始まったよ!」という。2003年3月20日のことだ。

北欧オーロラツアー 地図

別窓 | 旅のはなし 北欧 | コメント:4 | トラックバック:0
NHKスペシャル プラネットアース 第8集「極地 氷の世界」
2007-01-06 Sat 22:16
小寒。今日から寒の入りだ。だが、東京の冬には珍しい大雨。
これも異常気象だろうか。私の身近な自然にも、影響が出ているような気がする。
21時過ぎ、外へ出ると、もう雨は上がり、強い風が雲を吹き飛ばして、空には星が瞬いて
いた。周囲が明るい我が家からでも、冬の星座オリオンだけはよく見える。

「身近な自然」というのは、自分の中から自然に出てきた自分の言葉だった。
あるとき、星野道夫さんの著作に触れて「遥か遠い自然」という考え方を知った。
氏いわく、「それは僕たちに想像力という豊かさを与えてくれる」(『長い旅の途上』より引用)。
それをを感じるか、感じないかの差は大きいと…。

「遠くの自然」は無数にあるけど、極地が好きな私の、今日のおすすめは、
NHKスペシャル プラネットアース 第8集「極地 氷の世界」
総合/デジタル総合 2007年1月7日(日)午後9:15~午後10:15(60分)

もしかしたら、ペンギンや北極ぐまが好きなだけなのかもしれないけど、やはり惹かれる
過酷で、美しい自然。楽しみだ。

別窓 | 遠くの自然 | コメント:0 | トラックバック:0
カナダ関係(&アラスカ)の年始番組
2007-01-04 Thu 00:00
元日、真綿を薄く広げたような雲が流れるさまを見ていた。
この空は、世界のどこへでも続いている。
そう、極北のユーコンの空にも…。
asukaさんはオーロラに逢えただろうか。お世話になった方々は、健やかだろうか…。

ユーコン

宣伝する義務が私にあるわけはないのですが、ごくたまに来るカナダ観光局のメールマガジンに、年始に放送されるカナダ関連の番組の紹介がありました。
目を引かれたのは、ちょっと先ですが、1月21日(日)22:00~23:00放送予定の(以下引用)
世界ウルルン滞在記
~カナダ・ユーコン準州ホワイトホース 極北の狩人に朝倉えりかが出会った~
5,000メートルを超える高峰が連なる山岳地帯、谷間を蛇行して流れる大河ユーコン。
マイナス40度、極寒の大自然で犬ぞりを駆使し、トラッピング(罠猟)を続ける人々を 18歳の朝倉えりかさんが訪ねます。

というものでした。
カナダ関連番組放送スケジュール
ほおぉ~同じえりかでも18歳!うううYoung!
そんな若い時期にこんな体験できるなんていいなあ!!
私は未体験ですが、極寒期のユーコンを知るには、いい番組かもしれません。

それから、もう、今日なんですが、NHK総合テレビで、1月4日(木)午後10:00~午後10:55(55分)
アラスカ 星のような物語~写真家 星野道夫 はるかなる大地~が放送されます。
以前、BSで放送されていたものの再編集なのかしらと、想像しているのですが、総合テレビでようやく放送されるのは嬉しいことだと思います。

別窓 | 遠くの自然 | コメント:4 | トラックバック:1
さあ、新しい気持ちで新年を迎えよう!
2007-01-01 Mon 00:45
あけましておめでとうございます!
2007年、始まりましたね。

時間が進んだだけで、何かが変わるというわけではありませんが、こうしてけじめをつける
ことで、私達は進んでいけるのですね。

さあ、新しい気持ちで新年を迎えよう!と自分に気合を入れる私です。
皆様、今年もどうぞよろしくお願い申し上げます!

富士と青空


お正月というと、富士山にBGMは宮城道雄作曲の「春の海」というイメージ(ステレオタイプでしょうか)なのですが。
これに、あとなすびと、鷹(白頭鷲じゃだめか…)をご用意いただければ、初夢もバッチリです(笑)。

一年の計は元旦にあり。
いろんな希望も野望もありますが、まずはカッコ悪くても自分に忠実に、人に誠実に、でも
流れには逆らわず、今までより柔軟にしなやかに生きられたらと思います。
その先にはなにかしら、幸せや喜びがあることを信じていたいと思います。

皆様にとって、今年が素晴しい充実した年になりますよう、心よりお祈り申し上げます。
別窓 | 感じたこと | コメント:3 | トラックバック:0
| オーロラ‐ガラス |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。