The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
オーロラという名の
2007-09-27 Thu 00:16
オーロラという名の
<オーロラという名の>
洋梨です。
2年前に見つけて、高かったので1個だけ買って大切に食べました。
味は、洋梨にしてはなめらかで、私にはとてもおいしかったため、プレゼントとかにも
いいなあと思って、次に買おうとしたらもうありませんでした。
早生種で出回る期間がとても短いらしいのです。
見た目は醜いですが、皮が黄色くなったところが食べ頃です。
でも、ちょっとこれは熟しすぎかも。
足が早いので、痛みやすく、贈答用には不適なようで、失敗しました。(>_<)
見つけたら、ぜひ一度食べてみてくださいね。
ちなみに、ぶどうにもオーロラという名を冠したものがあるらしいんですが。
しかし、オーロラのイメージは無限大だなと思います。
へんなものにつけられていることもありますが。
この洋梨、出回る期間が短くて、出会いにくい幻っぽいとこが、オーロラに似ている
のかももしれません(笑)。
スポンサーサイト
別窓 | おすすめ! | コメント:8 | トラックバック:0
きみの名は?
2007-09-26 Wed 23:44
こんな植物
<この花なあに?>
名前がわからないんです。
ご覧のように、葉や茎がうっすらと真綿をまとったような植物で、なかなか可憐なピンクの花を咲かせます。花は一日で終わってしまいます。

名前は?
<うぶげ?が、ほわほわしています>

ちょっと、ひいてみるとこんな感じです。
母が人からもらってきて、育てているんですが、肝心の(でもないか…)名前が
わからない。
と、いうわけで、どなたかこの植物についてご存知ではありませんか?
だれか教えてくださ~い!\(^o^)/
別窓 | | コメント:18 | トラックバック:0
秋の訪れ
2007-09-23 Sun 22:34
昨日は残暑がぶり返して30℃以上の猛暑でしたが、今日の東京(ただし多摩西部ですが)は、小雨模様の肌寒い一日でした。
さすがに「暑さ寒さも彼岸まで」なのでしょうか?
春は、「来たよ!」って主張している感じだけど、秋はいつの間にか背後にしのび寄っていて、ふと気づくとそこにあるって感じがします。

庭のフウセンカズラ。こんなに小さくて、デジカメのピントが合わないので、私の指(キレイじゃなくてすいません)を入れましたが、微妙にピントずれました。

フウセンカズラ子さん
〈フウセンカズラ子さん〉

大きくなると、こうなります。
白くて小さいのが花、風船のような袋は実で、中に種子があります。

フウセンカズラ

晩夏から秋へと、風にゆらゆらフウセンカズラ。
別窓 | 身近な自然 | コメント:8 | トラックバック:0
谷角靖氏 オーロラ写真展「the night time jewel」
2007-09-20 Thu 22:54
カナダを拠点に、オーロラや北米大陸の風景撮影をされている、写真家谷角靖さん
写真展が、 9月末から国内のあちこちで開催されるので、ご案内です。
これだけたくさんの場所で開催できるのは、すごいことですね。

オーロラ写真展「the night time jewel」


  9/29~10/14 アンマルシェ プレール高崎

  10/1~11/30 箱根 成川美術館 富士山展望室及びラウンジ

  10/6~10/28 モンベル神戸店

  11/3~11/25 モンベル渋谷店

  08年 2/25~3/2 ミキモトホール 銀座

なんとなく色っぽいタイトルだなあと思うのは私だけかなあ?なんて私の勝手な感想。
ご自身で考えられたタイトルだそうですので、また、谷角さんの新しいオーロラの世界を拝見できそうで楽しみです。

別窓 | オーロラ | コメント:2 | トラックバック:0
ど根性すいか?
2007-09-14 Fri 23:45
こんなものを見つけました。ど根性すいか?

ど根性すいか?
〈ど根性すいか?〉

なぜ、ど根性なのか?というと…生えている場所は、会社のビルの側溝の中だから。
ふたのある側溝の中のわずかな土に根付き、コンクリートの縁石に縁取られた芝の上にその果実(長さ10センチに満たず)を横たえているのです。
なんでこんなところに?!誰かがここでスイカを食べたのか?
あるいは鳥が種を運んできたのか?

いずれにしても、「どっこい生きてる」(古いっ!)って感じで、なんだか感動すら覚え、私は元気づけられました。
う~ん、でも最後は、あの実は誰が食べるんだ?腐らせるのは惜しい・・・。
いや~、いいものを見せてもらったよ。ありがと、ど根性すいか!
別窓 | 身近な自然 | コメント:6 | トラックバック:0
第2回オーロラゆめ倶楽部写真展
2007-09-10 Mon 22:54
今年の3月にイエローナイフへ行ったとき、やはり撮影旅行にきていて、ご飯をご一緒
したhiroさんとそのお仲間のオーロラの写真展が新宿で行われます。

hiroさん
は赤いオーロラにも出会われています。うらやましい。
お近くの方、オーロラの写真を見てみたい方はぜひ。
第2回オーロラゆめ倶楽部写真展

新宿御苑インフォメーションセンター・アートギャラリー
2007年9月11日(火)~9月17日(月・祝)
9:00~16:30(最終日は15:00まで)    

かすかに
〈かすかに〉 ほほほ、どさくさにまぎれて、これは私の写真です。すいません。
別窓 | オーロラ | コメント:6 | トラックバック:0
スピリチュアル? 2
2007-09-08 Sat 00:24
熊野本宮大社
〈熊野本宮大社〉

熊野本宮大社です。なんだか迫力ですが、中の社殿は、静かで雰囲気のある佇まいでした。
社殿は撮影禁止の場所でした。なんとしても撮りたいという気持ちにはならなかったので、しばし佇んで眺めていました。霊気を浴びたつもり。

天川の後は、高野山とこれまたパワースポットで有名らしい鞍馬に行きたいという友人と別れて、一人熊野に来た私。
熊野本宮大社は明治時代に水害のため、元あった場所から遷されて今の場所にあるのだそうです。
その場所は大斎原(おおゆのはら)とよばれ、田んぼの真ん中にそそり立つ大きな鳥居の奥にありました。

大斎原鳥居
〈大斎原鳥居〉
訪れる人もほとんどいないこの場所。出発の地と書いてあったので、ここでお昼をいただいてパワー?をつけたつもり。
今でもこちらのほうが、霊気を感じるという方もいるそうです。
私?うーん。わかりませんでした。

大斎原
〈大斎原〉

この後は、熊野古道の大日越(8月23日の記事参照)というところを歩いて、上り詰めた後に尾根の道にでました。

古道の尾根
〈古道の尾根〉
誰も私がこの場所にいることを知らない。
でも何かに見られているような感じがしました。山か樹か何かに。
歩き始めたときは、こんな所で変質者のような人に出遭ったらどうしようと心配もしてましたが、ここに来たときは、そういう心配は消えていました。

こちらは、翌日、那智の滝を訪れた後に下った大門坂(登るのはキツイだろうと思ったので別ルートで上ってから下りました)。

大門坂
〈大門坂〉
どこまでも続く苔むした石畳は、向こうの方から、森の精かなにかがぴょんぴょんと
跳ねてやってきそうな・・・。
そんなわけで、私がスピリチュアルを感じたのは、自然の中だったんですよね。
別窓 | 旅のはなし | コメント:4 | トラックバック:0
スピリチュアル?
2007-09-04 Tue 23:05
このごろ「スピリチュアル」なものが何かと話題ですね。
わたしも女ですから、この手の話題は結構好きですが、いわゆる霊感や第六感のようなものには恵まれなくて、へえそうかな~というのが正直なところです。

6月に関西に行ったのは、友人の「天河神社にいきませんか?」というひと言が発端でした。
映画の「天河伝説殺人事件」の舞台としてしか知らなかった(映画も未見)ので「なんで天河神社?」と思い、すぐには返事をしなかったものの、「熊野古道のトレッキングも一緒に」という案にぐらっときて、そんなとき「地球交響曲第5番」を見たら、天河神社が出てきたので、これは呼ばれてる?と錯覚。行くことにしたのでした。
友人より一足先に京都、高野山と回り、高野山ではお寺の国民宿舎に泊まって、朝の
お勤めにも参加しました。
さすがに高野山は宗教都市だけあって、信仰が生きており、行きかう人とも心穏やかな交流がもてました。写真はあまり撮らなかったのですが。
で、天川で、友人と合流して一泊。早起きして朝のお勤めにここでも参加。

天河神社2
〈天河神社で〉

こちらは神道ですが、お祓いを受け、神殿に上がらせていただきました。
ここの神社の特徴はお宮の前に能舞台があること。
弁財天は芸能の神様なので、いろいろな芸能に携わる方が、芸を奉納するわけです。

天河神社
〈お宮の上から俯瞰する〉

お祓いをしていただくととても清清しい気持ちになりました。スピリチュアルに精通している人の間では有名なパワースポットなのだそうですが、私にはそこまでは感じる力がないようで、ちょっと残念です。気持ちよければそれだけでよしと思いますけどね。
私には、その後行った熊野古道の尾根道とか、大門坂の苔むした石畳とかのほうが、霊気を感じたかもしれません。その話はまた。
別窓 | 旅のはなし | コメント:4 | トラックバック:0
雨にぬれて
2007-09-01 Sat 18:20
9月になりましたね。東京はこのところ秋の長雨で、すっきりしません。
「あづ~い!」とうめいていたのがウソのように涼しい、過ごしやすいこの頃です。
我が家に、嫁いできた?(買ってきたんですが)レンゲショウマさんも
雨にぬれてこのとおりです。

我が家のレンゲショウマ
〈我が家のレンゲショウマ〉
暑さはもうたくさんと言いながら、日が短くなり、涼しくなってくると、
それはそれでさびしいんですから、人間はげんきんなものですね。


別窓 | | コメント:4 | トラックバック:0
| オーロラ‐ガラス |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。