The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
野付半島 陸路から 後半
2009-11-21 Sat 19:53
トドワラからの帰り道。

さびしい景色を見続けた反動からなのか、原生花園の花たちに目がとまり、
もう季節は終わりかけているようだったが、撮ってみた。

ヒオウギアヤメ?
<ヒオウギアヤメ? >ねえ、どっちが美人?と聞かれてる気がした。いえ、どちらも美人ですっ!


黄色い花
<エゾカンゾウ>ファミリー!


風に吹かれていたよ
<風に吹かれていたよ>ハマナス

ネイチャーセンターがある場所は、半島の先端ではなかったので、やはり先端を見たい
気持ちがあって、車を走らせた。
途中、さっきの野鳥撮影ご夫妻が撮影されていた。ちょっと挨拶をして先を急ぐ。
先端には灯台があり、当然だが、海が広がっていた。

先端への道
<先端への道>

見てみると案外、どうってことないなあ。
でも、見ないと満足できないんだから、しかたないなあ(笑)と思いながら引き返す。


帰るつもりで、車を走らせていると、気になる景色が目に飛び込んできた。
いや、実は行きにも見てはいたのだ。
それなのに、通り過ぎてしまい、でもどうしても気になるので、
5、6キロも走ったところで、Uターン。

そこが、ナラワラだった。しばし、私は立ち尽くしていた。
この旅で、初めて本当に出会いたい風景に出会った気がした。

ミズナラ、ダケカンバなどの原始林だが、道路に面した立ち枯れた部分を
トドワラに合わせてそう呼んでいるのだそうだ。

水に浮く森
<水に浮く森>ナラワラ。
もちろん水に浮いているわけではないけれど、まるでそんな風に見えた。


対岸のナラワラまでは、距離があり、通常は立ち入りは禁止されているので、
向こうに渡る手段はない。
私が持っているレンズでは、やはり遠かった。
でも、やがて鶴が飛んできたり、鹿が姿を見せたりするのを、こちら側から
見ることができた。

時間を忘れて同じ写真ばかり撮ってしまった。もう予定の時間をとうに過ぎていた。
タイムリミットを何度ものばしつつ、ある思いから、対岸を見守り続けたが、
思うようにはならず、後ろ髪を引かれるような気分で、ナラワラを後にした。

また、きっと来よう。いつかそう遠くない日に。



スポンサーサイト
別窓 | 旅のはなし | コメント:4 | トラックバック:0
野付半島 陸路から 前半
2009-11-15 Sun 18:40
陸路にて野付半島へ向かう。
砂嘴という特異な地形を味わうことになる。その距離日本最長26キロメートル!
半島に入ると延々と海の中を走る長い長い道が続く。

海の中を走る
<海の中を走る>~感じ~♪

やがてたどり着いたのはネイチャーセンターのある第1駐車場。
声を掛けられ、びっくりして見やると、今朝、春国岱で長くて重そうな望遠レンズを携え
野鳥を追い掛けていたご夫婦だった。
独りで旅していると、こういう風に声をかけていただけるのが、本当に嬉しい。
それにしても、行き先が同じとは、考えることはみな同じなのだ。

私はトドワラに向かって歩き出した。時折小雨がぱらついている。
歩き出したもののこれがまた遠い。後で調べたら片道1.3キロだった。

原生花園があって、ハマナス・エゾカンゾウ・ヒオウギアヤメ・センダイハギなどなど
色とりどりの花が楽しませてくれるが、先はまだ長そうだ。
空模様が気になるので、スナップだけ撮って、先を急ぐ。

やっとたどり着いたトドワラは、噂通り、白骨樹自体がまばらで、やがて失くなる運命である
ことを感じさせられた。
率直に言って、その少なさにがっかりした。でも間に合ったのかもしれない。
絵にするのは難しいと思ったけど自分なりに撮ってみよう。

ガオ~ッ
<ガオ~ッ!>って見えませんか?

腕をのばして
<腕をのばして>

空はいよいよ重苦しい色で、厚い雲からは、時折、雨が打ち付けてくるので、そのたびに
カメラにシャワーキャップをかぶせたり、とったり。
やっかいな雨だが、この景色には似つかわしいように思えた。
青空の日でなくても、後悔はないなと思った(ホント負け惜しみでなくて)。

トドワラ
<トドワラ>まさにあの景色だった


そうはいっても、やはりさびしい景色。団体さんがいないときは、人もまばら。
長居はせず、退散することにした。

後半に続く>

別窓 | 旅のはなし | コメント:2 | トラックバック:0
野付半島へ
2009-11-08 Sun 22:17
春国岱を後に、この旅の目的地野付半島方面に向かう。

なぜかずっと来たかったのだ。ここに。

最初は有名なトドワラの写真に惹かれたのかもしれない。
だが、次にはその地形の面白さに惹かれたのだ。
地図帳の北海道全図を開く度に、オホーツク海に突き出た不思議な形の半島が目に留まった。
なんだか面白そうな予感がした。

港を後に
<尾岱沼漁港をあとに野付半島へ>

野付半島への遊覧船に乗るために尾岱沼(おだいとう)へやってきた。
尾岱沼漁港の、その一角から小さめの遊覧船が発着するのだ。
行きは私のほかに一家族しか乗らなかった。

あざらし君たち<あざらし君たち>

遊覧船の目玉は、途中で見られるアザラシ君達。
浅瀬に横たわり、片手、いや片ヒレをつき、もう一方をちょっと持ち上げたようなポーズは、
こちらに向かって手を振っているように見えて、とても愛嬌がある。

遊覧船
<遊覧船>

遊覧船はトドワラから少し離れた浜に着いた。歩くたびにザクッザクッと音がする。
足元の浜は小さな巻貝の残骸だらけだった。
歩いてみるとトドワラまでは結構距離があり、じっくり見るには時間がなかった。
後で陸路をもう一度来るつもりで船に戻った。帰りは風が冷たくなっていた。

お昼はこの季節の名物北海シマエビの天丼をいただいた。
7月と10月がその漁期で、野付湾で伝統的な漁をする打瀬船が風物詩なのだそうだが、
残念ながら目にすることはできなかった。

北海シマエビ天丼
<北海シマエビ天丼>

頭からバリバリ食べられると何かに書いてあったのでチャレンジ。
全部は無理だったけど。エネルギーをチャージして、次はトドワラへ!
別窓 | 旅のはなし | コメント:4 | トラックバック:0
谷角 靖 氏 オーロラ写真展示 
2009-11-06 Fri 00:51
ここに掲載するまでもなく、知っている方は知っている情報かと思いますが・・・

オーロラをはじめ大自然の美しい景色をきりとる、写真家谷角靖さんの写真展は
今年は大阪で行われました(会期終了)が、その一部が東京でも展示されます。

日時:11月5日~11月11日
場所:東急東横店東館4F「特別サロン」サロン入り口は5F

展示される写真は10枚~15枚ほどとのことです。

会場の場所は、上記リンク先へ。詳細?は谷角さんのオフィシャルブログへ。

新写真集『極光物語』も、本屋さんで平積みになっていました。。。

別窓 | オーロラ | コメント:0 | トラックバック:0
| オーロラ‐ガラス |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。