The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
秋の名残りに 1
2006-12-04 Mon 00:00
北風は木々を紅葉させ、そして枯らし、吹き抜けてゆく。
でも私は知っている。いつか必ず、小さな芽吹きが訪れることを。

12月。紅葉の季節も終わりですが、秋のなごりに京都の紅葉を。
千年の古都の紅葉は平安時代から都人によって作られた、計算された自然とでも
いうのでしょうか?
哲学の道

早朝、琵琶湖疎水のほとりをたどる哲学の道。哲学してみる。人生を?


法然院風鐸


法然院

朝早い法然院はひっそりしたたたずまい。それでも同じ目的の人は集うのだ。


散り敷く 永観堂

紅葉の名所永観堂は紅葉に負けないくらいの人、人、人。
人を入れずに撮るのは至難の業。結局こんなアングルに。


真如堂

真如堂。緑・黄・橙・朱・赤・紅。
午後の陽射しに透ける紅葉は私の好きなグラデーション。
これは、青空に冴えるオレンジ。
錦

黒地に錦。


スポンサーサイト
別窓 | 身近な自然 | コメント:0 | トラックバック:0
<<秋の名残りに 2 | オーロラ‐ガラス | 紅葉を追いかけて    つづき>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| オーロラ‐ガラス |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。