The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
日本フォトコンテスト
2006-12-09 Sat 18:02
『日本フォトコンテスト』という写真雑誌を私はあまり知らなかったのですが、人づてに、自分が入賞したコンテストの入賞作品も掲載されていることを知り、立ち読み(買えよってか)してきました。
日本フォトコンテスト誌

同じ賞を受賞しているほかの方の写真を初めて拝見し、ちょっとへこみました。某動物写真家氏の名前を冠する賞だったので、やはり、大賞(1点)および優秀賞(6点)の半分は動物の写真で、3点が自然の写真(但し1点は蛍が映っていたからこれも動物写真?!)でした。
「うーん私のは全然だめだあ~」と思いながらトボトボとビックカメラを後にしたのでした。。。
写真でもガラスでも、作品を作るときは、自分の審美眼というか美学?を信じてやるっきゃない!わけですが、やはり人の作品を見るのは勉強になりますね。でも私の場合、まず技術を磨かなきゃだなあ・・・。
スポンサーサイト
別窓 | 感じたこと | コメント:2 | トラックバック:0
<<オーロラの科学 その1 | オーロラ‐ガラス | 秋の名残りに 2>>
この記事のコメント
昨日、松澤さんと会ったんですけど、その時にエリカさんの受賞のことを雑誌で知って、次々に受賞してやっぱり、いろいろ才能とセンスのある人なのねえ~って話していたところだったんですよ!
動物が入ってないのに受賞は流石だって二人で話していたところなんですから。
だから、へこまないでくださいよ~
いつも素敵な文章と写真に感心&癒されているんですから・・・ね!
京都の紅葉写真も拝見、素敵な秋の名残を楽しんできたんですね。
私も、来年こそは秋の京都&奈良に行きたいものです。
2006-12-09 Sat 23:07 | URL | りりー #-[ 内容変更]
りりーさん、優しいお言葉ありがとうございます。
ううっ、りりーさん、優しいお言葉ありがとうございます。
そんな、ほめすぎ(ほめ殺し)です。
あの写真の場合は、いい景色に出遭えたからです。
紅葉は難しいですね。ライトアップは期待したけど、やはり昼間の太陽の光に透ける色には負けるなあと思いました。
りりーさんの写真も楽しみに拝見してますよ。

2006-12-09 Sat 23:35 | URL | Erica #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| オーロラ‐ガラス |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。