The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
『初めてオーロラに逢いに行ったの記』 Vol.1 ドタバタな出発
2007-01-07 Sun 06:00
これを書いてしまったら、もうネタ切れになりそうだ…。だが新年だし、原点に帰ろう。
あまり面白くないかもしれないが、書いてみます。
『初めてオーロラに逢いに行ったの記』

坂本昇久氏のカレンダーを1年間眺めていて、オーロラを見に行こうと決めた話は、ブログの第1回目に書いている。
『Piloting To The Northern Lights』
そのオーロラの写真つきカレンダーには、そんなタイトルがついていた。
2002年。カレンダーを1年間眺めていたら、その年の終わりには、オーロラを見に行くと心の中で
決めていた。(これもサブリミナル効果というものか・・・。)


ここからは、その後の話。

それまで海外旅行のツアーも一人で行ったことのない箱入り?だった。
最初はいろんな友達を誘ってみた。皆一様に、「死ぬまでに一度は見たいんだけれど…」
と、言った。つまり今は行きたくないということだ。もう、一人で行くっきゃない。
その年、私は少しやけくそにになっていたのかもしれない。仕事上の立場の変化・待遇の悪化・指の骨折・もろもろのアンラッキーが背中をぽーんと押した。
本当は何の解決にもならないことはわかっていたが、とにかくこの目でオーロラというものを見てみたかった。
母の顰蹙を買いながらも、夢中で準備を進めた。
オーロラに関する本を読みあさり、インターネットで情報を集め、カメラの三脚を買った。
折からアメリカとイラクが一触即発の情勢になってきた。
9・10の同時多発テロ以来、アメリカ方面にいくのは怖い気がして、行き先は北欧に決めた。
ところが明日出発という夕方、会社が海外に行く者は特別に申請をせよという。
ひっそり行ってこようと思っていたのに…。ともかく許可をもらって、家に帰れば、「まさか行かないんでしょうね?」と母が待ち構えていた!荷物は成田に送ってしまってるというのに。
「大丈夫方向が違うから。うーんと北に行くんだから。」なんとか説き伏せて出発。
成田空港は特に変わりもない。
でも搭乗前に家に電話をすると、「戦争が始まったよ!」という。2003年3月20日のことだ。

北欧オーロラツアー 地図

スポンサーサイト
別窓 | 旅のはなし 北欧 | コメント:4 | トラックバック:0
<<Vol.2 キールナ到着 | オーロラ‐ガラス | NHKスペシャル プラネットアース 第8集「極地 氷の世界」>>
この記事のコメント
旅のエッセイシスト誕生?
Ericaさん 面白いですねえ。次回期待しています。私も触発されるかも。v-392
大河ドラマ(風林火山)のように49回続くかな・・・
2007-01-07 Sun 08:21 | URL | ドレミ #-[ 内容変更]
49回はちょっと無理です!
ドレミさん、ありがとうございます。
でも内容的には期待を裏切っちゃうかもしれないなあ。
風林火山の主演・内野さん、49回頑張るって言ってましたねえ。
私のは、49回はいくらなんでも無理っす!(笑)
2007-01-07 Sun 12:59 | URL | Erica #-[ 内容変更]
なんだかどきどきしてきた・・・・。
あの頃の事、思い出した。
私も2日後の出張が延期になったりしたから。
それにPB旅行でも海外は申請させられたし・・・ね。
苦労して行った北欧のオーロラは?
続きのあしたを楽しみにしてるね。

今日のプラネットアースのオーロラもすごかったですね。
2007-01-08 Mon 00:13 | URL | りりー #-[ 内容変更]
リリーさん
ええっ!あまり期待しないでくださいね~。
そんなに盛り上がる話ではないので。フィクションにするつもりはないですし~(笑)。

あ、プラネットアースご覧になったのですね。
オーロラの映像、すごかったですね。ちょっと得した気分。
かなり激しいオーロラで、ナビゲーターの緒方拳さんは、さすがに運が強いなあと思いました。
2007-01-08 Mon 22:12 | URL | Erica #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| オーロラ‐ガラス |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。