The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
Vol.14 オーフォート鉄道 車窓より
2007-02-28 Wed 00:00
ここからは世界の車窓からオーフォート鉄道編ってことで。
窓の外は針葉樹林帯の雪景色が延々と続く。
雪原は続くよどこまでも

晴天で始まった列車の旅だが、進むにつれ、すっかり曇ってしまった。
「南極・北極同時オーロラ中継」というNHKが放送した番組(2003年9月20日放送)で、北極側の中継地だったアビスコ国立公園はこのあたりだったはずだが、当時はまだ放送前だったので、そんなことは知るよしもなかった。

国境に近づくにつれ、視界は悪くなり雪も降ってきた。見えるのは凍った白い湖と黒い針葉樹林とが作るモノトーンの世界。水墨画のような景色だ。

もしかして国境だったのだろうか・・・?
よく覚えてないが、少し長く停車した駅があって、記念写真を撮った。
記念撮影
〈列車と記念撮影〉
今回はよく出てきて、お目汚しして、すみません。
なにしろまともな写真がないので、人に撮ってもらった写真の登場頻度多数。
ちなみに着ているセーターはこの時買ったわけではないけれど、ノルウェー特有のデザインです。

途中駅

駅の写真を撮っていたら、列車においていかれそうになった。慌てて乗り込む。
スポンサーサイト
別窓 | 旅のはなし 北欧 | コメント:2 | トラックバック:0
<<Vol.15 オーフォート鉄道 車窓より つづき | オーロラ‐ガラス | Vol.13 欧州最北の鉄道(オーフォート鉄道)>>
この記事のコメント
素敵なニットジャケットですね。やはり北欧製ですか!
シチュエーションにぴったりでしかもよくお似合いですね。

私はこの逆のコースに乗るはずが駅まで行ってつまり
ナルビック駅で急に汽車が故障とかで乗れなくて残念な
思いをしました。楽しみな列車の旅になるはずだったのに・・・です。
結局バスで山越へをしてキルーナそれはそれで良かったですけど・・・霧氷や樹氷が日を浴びて美しかったです。
針葉樹の記憶がないので、きっと列車とは大分コースが
違うのでしょうね。

汽車の旅の続きが楽しみです!!
2007-02-28 Wed 22:53 | URL | りりー #-[ 内容変更]
りりーさん、いつもありがとうございます!
お褒めに預かりまして。「ニットジャケット」ピンポン!ですね。
大きな飾りつきのカギホック?がついているカーディガンタイプのニットなので、セーターというよりはニットジャケットが正解でした。さすが!
逆のコースで、ノルウェー→スウェーデンと、移動されたのですね。
私ときは、お天気が悪かったので、眺めとしてはイマイチだったのですよ。霧氷も樹氷も見なかったような・・・。
2007-03-01 Thu 23:35 | URL | Erica #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| オーロラ‐ガラス |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。