The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
Vol.18 フィヨルド洞窟探検 本番
2007-03-15 Thu 00:00
想像以上に狭い洞窟の入り口を入っていくと、少し開けた場所に出た。
隊長?の指示に従って、進んでいく。

隊長の説明
〈隊長の説明を真剣に聞く ほんとマジです〉
結構危険な感じである。うっかりすると頭をぶつけるし、奥に進むにつれて、足場が悪い。
かなり必死。
しかし、洞窟自体は、鍾乳洞ではないので、割合に無味乾燥である。
特に面白いものがあるわけではない(失礼)。
洞窟

見る人がみれば、この岩盤とか面白いのだろう。猫に小判である。
え~っ!というような岩と岩の間で、記念撮影!ということになり、順番に岩に足をかけて写真を撮る。
私の番だ。ポーズとかしているが、顔で笑って、心でヒヤヒヤ。足はブルブルである。
運動オンチの私にはスリル満点だったけど。
ふう~。地上に出たときは生還したって感じだった。(ちょっと大げさ?)

危機的状況
〈顔で笑って、心でひぃ~ 汗;〉
アラスカで氷河まで歩いたときは、私ってば、こんなに無茶なことを・・・と思ったが、
それより前にすでにこんなことをしていたとは。
運動オンチの臆病モノのくせに我ながらよくやる…(汗;)。


スポンサーサイト
別窓 | 旅のはなし 北欧 | コメント:4 | トラックバック:0
<<Vol.19 最後の晩 | オーロラ‐ガラス | Vol.17 フィヨルド洞窟探検 >>
この記事のコメント
こんなことやってたのね。
へえ~ こんな秘蔵写真があったんですねえ。
ちょっと笑いに引きつりが・・・v-356

後ろのお兄さんも同じポーズとっているんですか?
彼は余裕のある笑顔ですねぇ。v-290
2007-03-16 Fri 16:41 | URL | ドレミ #EmzeZEY2[ 内容変更]
ひきつってますとも!
いやあ、底までの深さは2メートルくらいでしたけど、コケればケガするような岩で~。
臆病な私は顔がひきつっていたはずです。v-17
後ろのおにーさんは、ノルウェー人のガイドさんなんで、背も高く足も長くて余裕v-8だったと思うんですが、私はチビの単足なんで、きつかったですよ!v-12
2007-03-16 Fri 23:55 | URL | Erica #-[ 内容変更]
2mってほとんど2階じゃないですか!!
余裕綽綽に見えますよ!
ほんとはすごいんです~ネ!
普段はおしとやかなericaさんなのに・・・
2007-03-17 Sat 20:24 | URL | りりー #-[ 内容変更]
ん~?あ~、1.5mくらいだったかも・・・?
でもまあ、とにかくこわかったんですよね。
だけど、参加者、誰一人として、いやだと言わなかったんですから、私以外の人は、大変じゃなかったのかも??!
2007-03-17 Sat 22:34 | URL | Erica #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| オーロラ‐ガラス |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。