The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
視線
2007-06-21 Thu 00:51
あるコンテストの写真展に行った。
プロへの登竜門ともいえるレベルの高い写真展で、でも自分とは何の関係もない、ジャンルも様々に入り乱れている展示だった。

金賞から優秀賞そして入賞の作品を順々に見ていく。
入賞作品が所狭しと並んでる一角に来て、ふいに気分の悪さと目まいを覚えた。
写真に見られている感じというのか、何か圧力が押し寄せてきた。
その場から一度離れて、もう一度行ってみても同じだった。
写真展はよく見に行くけれど、こんなことは初めてだった。
思えば、この写真達の向こう側には、撮影者の無数の眼があるのだ。
それも、見て見て見て!という自己主張をしているのだ。
見ているつもりの写真から視線を感じてもおかしくはない、のかもしれない。

この頃わたしがよく行くところ
〈このごろわたしがよく行くところ〉

一人、あるいは少数の人がやる写真展だったら、テーマがあったり、全体のバランスを考えて強弱をつけながら展示をするだろう。
だが、ここでは各人が、その人の一番を、インパクトのあるものを持ってくる。
それがコンテストだから当たり前だが。

以前ある人が自分が見た写真のグループ展について言っていた。
全ての写真が、「過去撮った写真の中から素晴らしいものを選びましたという印象で、見終わった感想が、アー疲れました!」という感じだったと。
私が感じたのもそれなのか。もっと別のものだったのか?
だからといって、否定するのではない。自分もコンテストに出したことあるし。
コンテストに出すって、自我のぶつかり合いなんだと改めて思った。

黄昏のビル街
〈俯瞰するその3?黄昏の街〉

ちょっと夏休みには早いですが、土曜日から近畿地方に旅してきます。
途中から一人旅になりそうな感じです。
出先で更新できるかどうかわかりませんが、すみません。
オーロラの旅のはなしの続きは、帰ってきてから・・・。
なんか急に忙しくなっちゃって身体が限界…眠ります。(-_-)zzz
スポンサーサイト
別窓 | 感じたこと | コメント:7 | トラックバック:0
<<法然院 | オーロラ‐ガラス | 軌跡 イエローナイフからホワイトホースへ>>
この記事のコメント
好き好きかもしれないけど・・
写真を見て疲れるってことなんですけど、前に所属していた写真クラブの方たちの、作品展を見たことがあるんですけど、見終わったあと、疲れるんです。 もちろん一人じゃなくて、いろんな方が1-2点出展していらっしゃるんですけど。これってどうなんでしょうか?いいのか悪いのか解りませんが、自己主張していない、でもすばらしい作品もあります。 私はどちらかといって後者のほうが好きなんですが・・・あんまり、見て、見てと主張している写真は確かにつかれますね。
2007-06-21 Thu 16:26 | URL | doremi #-[ 内容変更]
本当に、そうですね。私も気分が悪くなって
困ることがあります。
飾り方も、上下左右が蜜に展示してあったり、
テイストがごちゃごちゃだったりすると、
観難いし、もうすこし考えてよ!って言いたい
(ちっと言いすぎかしら~)
スペースの問題もあるのでしょうが、
出品した方にも気の毒になることがありますよね。
でも、だから余計、オリジナリティーと言う名の元に奇を衒ったというか、これでもか~って言うのが出てくるのでしょうかねえ(笑)賞狙いというか・・・
写真展だけではなく、絵画展とかさまざまな作品展でも合同のってそんな感じが多いような気がしてます。
そう感じるのは私だけじゃないのが判ってちょっとほっとしました。

梅雨時の旅行も時には悪くないですよね。
空いているし、いつもと違う何か・・を感じたりするし。
きっと、神経が研ぎ澄まされるからかも・・・
楽しい旅になります様に!




2007-06-22 Fri 01:09 | URL | りりー #-[ 内容変更]
返信
ドレミさん
コンテストや合同の写真展は、スペースの問題もあるので、厳しいんでしょうねー。
見ていてすっと心に入ってくるような気持ちのいい写真が私は好きですね。ってアバウトすぎ?

りりーさん
実はノマディック美術館も、前半の静かなセピア色の写真はここちよかったのですが、後半の映像は、見ててだんだん疲れてしまいました。集中と緊張のしすぎだったのかも。やはり好みのジャンルや表現がありますよね。
万人が好む作品というのは、なかなか難しいのでしょうね。
りりーさんの宮古島?の写真は好きですよ。
2007-06-22 Fri 17:50 | URL | Erica #-[ 内容変更]
なんとなく
わかる気がします
私もりりーさんがおっしゃるように、写真展ではないですが、美術館でそういう感覚に陥った事がありました。色々なコーナーを見て回っているうちに居心地の良くない場所に出る事があります。たしかあれはオルセーだったので、それらのいずれも名作中の名作なのですが妙に居心地が悪いんですよね。やはり自分の感覚には合わないものというものが多いとそう感じるのかなって思うんです。自分にとってはそれはきっと名作ではないのでしょうね・・・・・・絵画にせよ写真にせよ、それは押し付けられるものではなく、自分で選ぶものだとつくづく感じました
2007-06-23 Sat 10:53 | URL | yume #wIehaaoc[ 内容変更]
自分で選ぶもの
皆さん、同じように感じていらしたのですね。
ちょっと安心しました。自分の感じたことを書いたので、マニアックな話題だったかなーと気になってましたので。
ありがとうございます~。
2007-06-25 Mon 16:42 | URL | Erica #-[ 内容変更]
オオッ!恵比寿だ!
2007-06-28 Thu 00:16 | URL | sakura #-[ 内容変更]
sakuraさん
(^ー^)ピンポン~http://blog44.fc2.com/image/icon/i/F99B.gif" alt="" width="12" height="12" class="emoji">
2007-06-28 Thu 05:48 | URL | Erica #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| オーロラ‐ガラス |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。