The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
旅への想い
2007-08-23 Thu 23:59
熊野古道
〈熊野古道〉

熊野古道。昔の人は、この道を何を想って辿ったのだろう。
信仰の道だから、現世来世の幸せを、あるいは今直面している苦しみから救われることを祈って辿ったのだろうか?きっと楽な旅ではなかったはずだ。
私が歩いたこの道は、熊野本宮大社からほど近い大斎原(おおゆのはら)あたりから、大日山を越えてすぐの湯の峰温泉への道。終点から逆に辿ったことになる。

大日越え標識
〈大日越標識〉

距離にしたら、2kmほど。だが、標高差が170mくらいあったらしい。
登ってものぼっても、ひたすら続く登り道。貧血の私はすぐに息があがってしまう。
ああ、治さなきゃなあと思いながら、汗だくで歩いていた。
ああ、もうだめだ~と立ち止まってふと顔を上げると、目の前にお地蔵さんが。
あまりのタイミングの良さに、フッと笑みがこぼれる。

お地蔵さん?
〈お地蔵さん、呼んだ?〉

決して誰もが立ち止まるような区切りの良い場所とは思えなかったが、もしかしたら、
お地蔵さんに「ちょっと休みなさいよ」と呼ばれたのかもなんて思う。
ありがとうございます、と心でつぶやく。

もう3年越しくらいで行きたい場所がある。南米のパタゴニア。
今、そのために今ツアーを探したり、準備しているのだが、本当は自分の実力にはそぐわない場所かもしれない。
今まで国内発の楽な旅をしてきたが、現地発ツアーも検討している。
実は臆病な私は、英語もスペイン語もわからないのに路頭に迷うのではとか、とんでもないアクシデントに見舞われるのでは?などと心臓がバクバクしてきてしまう。
楽しみにいくはずなのに、どうして苦労しなきゃならないんだろうなんて思う。
で、あげくのはてに、なんで行きたいんだろうとも思うのだ。
いや、ただ、その景色を見たいのだ。そこを歩きたい、そして写真も撮りたいのだ。
そのためにはできないことをやらなきゃならない。
私にとって、現代の熊野古道みたいなものなのかもしれない。
そう思って、迷いの中、悶々としながらもまた一日が過ぎている。


スポンサーサイト
別窓 | 旅のはなし | コメント:8 | トラックバック:0
<<レンゲショウマ | オーロラ‐ガラス | >>
この記事のコメント
パタゴニアかあ
パタゴニア 名前を聞いたことがあるけど、詳しくは位置も、どんなところなのかも、知らなかった。けど、地球上にこんなところがあるんだ!とネットサーフィンしながら、風景写真を見ているだけで、感動して涙が出てしまいました。この目にしかと焼付けられたらどんな思いがするだろうか。帰国してもしばらくは、日常生活に戻れないような気がする。いや戻りたくないよね。ぜひ行って見てほしいけど・・お供したいもんです。
2007-08-24 Fri 15:50 | URL | ドレミ #-[ 内容変更]
私も
今年、霊山御岳に行ったときに、車でも大変な長く険しい参道を信者の方々は延々と登っていったのだという事実を知り、その信仰心の深さに驚き、感動さえ覚えたものです。私にはとてもパタゴニアに一人で行く勇気はありませんが、明日から、役行者が修行したと言われる赤目に一人で行ってきます。さてさて、今度はどんな旅になるのやら楽しみです。きっと、旅は何が待っているのか分からないからこそ、心躍るのでしょうね^^
2007-08-24 Fri 20:40 | URL | yume #wIehaaoc[ 内容変更]
「お供?」してほしいですよ
ドレミさんは英語もできるし、一緒だったら心強いなあ。
でも年末年始だから、ご主人さまをほったらかすわけにもいかないですよね?遠いからお金もかかるし。
すごい場所みたいなんですよね。風が強い場所で、旅行シーズンが限られるようです。
身の程しらずの憧れなのかもしれないです。
節約して残業してお金を貯めるようにしているんですが。
2007-08-24 Fri 23:46 | URL | Erica #-[ 内容変更]
赤目四十八滝でしょうか?
「四季の撮影術」っていう学研のカメラムックに、某写真家さんが、撮影テクニックを披露しているページがありました。
素晴しい場所みたいですね。私もいつか行きたいです。
その場所に行って、見て、そして自分がどう感じるかということに、興味が湧きますよね。
2007-08-24 Fri 23:54 | URL | Erica #-[ 内容変更]
憧れの地です!
パタゴニア!!
実は、私も大分前にパタゴニアに行こうと思って、旅行社の』説明会に行ったりいろいろ調べたりしたことがあるんですよ。
きっかけは、仕事でNYに行っていた頃、パタゴニアというカジュアルブランドとそのカタログをみて、どことも違う風景写真に魅せられて、でした。
そして、その頃、偶然に山歩きの好きな友人が一人で行ってきて(現地ガイドをつけて)風の大地って言うほど風が強くて、ラバに乗ってのテント移動なのよ、
吹き飛ばされそうだったわ、でも珍しい花や蘭がたくさん咲いていたり、ダイナミックな大地で、南端では
氷河の終わりも見たし、なかなかに良いところよ、
と、アルパカの編みこみのお土産と珍しい写真をたくさん見せてくれました。益々、熱を上げたものの
結局、タイミングが合わず実現できずに過ぎてしまいました。
その私に代わっても、ericaさんにはぜひ行ってきてもらいたいなあ~
(ホントは今でも行きたいところの1つですが・・・)
今はもうすこし行きやすくなってるんじゃないですか?
と言っても、日本の反対側ですよね~
今でもかなりのアドベンチャートラベルになるのでしょうか。
どんなコースの予定ですか?
プランニングからして楽しみ、楽しみ・・・ですね。
実現するといいですね、応援しています!


2007-08-28 Tue 00:31 | URL | りりー #-[ 内容変更]
りりーさんは語学が堪能だからなあ
うん、行こうと思ってます。いきましょうよ(笑)!
英語カタコトでも、スペイン語できなくても、ブエノスアイレス一人で、路頭に迷わずにいられるかな???
普通のツアーのほうが無難かな??
2007-08-28 Tue 00:49 | URL | Erica #-[ 内容変更]
誤解です!
私、語学は大苦手、出来ませんよ。仕事で仕方なくすこし・・・
それに役に立たない仏語だし。
でも、今はもう全然だめです。
使わないと忘れる、だめですね~

アルゼンチンは親日家の国なので、大丈夫ですよ。
(旅行では、これって結構大事なポイントのような気がする)
ぜひ実現してください!
ホントに1人で行くんですか?
すごい勇気&パワーに脱帽!!
可愛いericaさんもてるだろうな~
情熱的な現地の人たちに連れていかれないようにね!
2007-08-28 Tue 23:45 | URL | りりー #-[ 内容変更]
知らなかった・・・
そんな~とんでもない~ほめ殺し~?何もでませんよ~。
アルゼンチンって親日家の国なのですか?
知らなかった~。勉強不足ですね。
実はビクビクしていて、あと一歩が踏み出せないでいます。
優柔不断な性格なもので。でも行くことは行きます。きっと。
体力と撮影技術と語学力が充分にあればいいんだけどなあ。
2007-08-29 Wed 01:07 | URL | Erica #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| オーロラ‐ガラス |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。