The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
パタゴニア旅行記? はじめにニメス湖ありて (本編開始(笑))
2008-01-26 Sat 23:16
ロス・グラシアレス国立公園観光の拠点とされているエル・カラファテ(El Clafate)は
アルヘンティーノ湖(Lago Argentino)のほとりの町。
町外れのホステリアに着いてすぐ、皆は町に出かけるという。
でも私は、少しでも自然の中にいて、この景色を見たかった。
「こんなにいいお天気で、こんなに湖がきれいなのに、チャンスはそうないのに。」
と、初日なのでちょっとガツガツしていたかもしれない。
自分は残ると伝えて、一人でカメラを持って外に出た。

あの草むらの向こうに見える青い湖に行きたい。そう思って歩き始めたが、
そこにたどり着くのは意外と容易ではなかった。
宿の近くを少しさまよって、ふとLaguna Nimes(二メス湖)の看板を見つけた。
入場料を払って入るらしい。どうしよう。でもここまで来たし。
思い切って入ることにする。はるか向こうに青い水の色が見えていたから。

ニメス湖 近景
〈ニメス湖 近景〉

ガイドブックによれば、ニメス湖は1周1時間ほどの湖というより潟という感じの水場で、
水鳥の格好の餌場ということらしかった。
キレイだし、興味もあったが、夕食までの間に、あの青い色を見て帰ってこなくては。
いけるのか? だいたいここの閉園?時間は何時なんだ?
日が長いので見当がつかない。わからないまま、とりあえず進む。

ニメス湖
〈ニメス湖 遠景〉遥か遠くにほそ~く見えるライトブルーの色がアルヘンティーノ湖。

向こうから戻ってくる人がいる。いざとなったら戻ってこよう。
そう思いつつ写真を撮っていると、お母さんと男の子の二人連れも歩いている。
ちょっと気が楽になって、彼らと抜きつ抜かれつ進んでいく。
風が強いという話だったが、うわさに違わず、強い風が吹きつけてくる。
青い湖はまだ遠い。
スポンサーサイト
別窓 | パタゴニア | コメント:2 | トラックバック:0
<<オーロラ写真展「the night time jewel」 谷角靖氏写真展 | オーロラ‐ガラス | パタゴニア旅行記 プロローグその3 エル・カラファテへ>>
この記事のコメント
うわ~
抜けるような蒼ですね~
日本ではなかなか、こんな色の空には出会えないです
この日、この場所にいられただけでも幸せですね¥^^¥
2008-01-31 Thu 22:15 | URL | yume #wIehaaoc[ 内容変更]
yumeさんお久しぶりですね
そうですね~。
いまでも、あの場所にいた時間は夢のようなものだったと思います。
視界が遮られずに、どこまでも空が見渡せるのって気持ちいいですね。
2008-01-31 Thu 22:57 | URL | Erica #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| オーロラ‐ガラス |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。