The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
パタゴニア旅行記? 風の洗礼
2008-01-29 Tue 23:18
青い湖が見えそうなポイントへ近づくにつれ、風がものすごく強くなってきた。
向かい風に抗い、砂地に足を取られながら、やっとのことで土手に上ると・・・。
見えた。アルヘンティーノ湖だ。

風の洗礼1
〈見えた!アルヘンティーノ湖だ〉
ここで風の洗礼を。私がもそっと背が高かったら景色も少し違うのだろうな。
これが精一杯の視界なのが、ちょっと悔しい。


湖の色に見とれる。と、砂地を吹く風は容赦なく砂を吹き付けてくる。
飛んでくる砂がピシピシ、ビチビチと顔を打って痛いし、口の中までジャリっとした感触が。
これではカメラが危険かも。
写真を撮りつつも、カメラを服の中に隠し、風をよけるしかない。

ふと、デジカメのキャップがなくなっているのに気づいた。
えっ、風で飛ばされた?慌てて、来た道を辿り、探しまくって、なんとか見つけた。
ちょっとはめ方がまずかったので、風に吹き飛ばされてしまったらしい。
もっとその場にいて、写真を撮りたかったが、今ここで、カメラが故障しては困るので、
しかたなくその場を後にした。
雲の流れが速い。すべての植物も、なにもかも風に吹かれて揺れ動いているので、
(写真を撮るのは)こりゃ大変だと思い知った。

風に輝く
〈風に輝く〉

ところで、このあたりは南緯50°位に位置しているのだが、日本の最北端という択捉島
(北緯45°33′) より高緯度なので、真夏の今は、とっても日が長い。
もう、夜8時近いのに、この太陽の高さ!現地で白夜という言葉は聞かなかったが。

太陽がこんなに高い
〈夜8時近いのにまだ太陽がこんなに高い〉

ホステリアに帰って鏡を見ると、風と砂と汗で、髪も肌もぐしゃぐしゃだ。
ふう。でも、この風の洗礼は、ほんの序の口なのだった。
スポンサーサイト
別窓 | パタゴニア | コメント:6 | トラックバック:0
<<Breath of Nature -自然の息吹- 山本純一  氏 写真展 | オーロラ‐ガラス | オーロラ写真展「the night time jewel」 谷角靖氏写真展>>
この記事のコメント
翼いらない?
パタゴニアをウィキペディアで、見てみると、最大瞬間風速60mを記録したこともあるって書いてあるじゃないですか!
人間飛ばされちゃいますよね。 風の洗礼どうだったのかな? 次楽しみ~

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%82%BF%E3%82%B4%E3%83%8B%E3%82%A2
2008-01-30 Wed 11:43 | URL | ドレミ #EmzeZEY2[ 内容変更]
ドレミさん、ありがとうございます。
ドレミさん、ご自身のブログでのご紹介、ありがとうございます。
ほめるのお上手なので、照れます。
風ですが、ほんとに吹き飛ばされそうに感じたことは、たびたびでした。
そのことについても、そのうち書きますが、確かに風の強い地域で
お天気はなんでもあり!の所でしたよ。
ただ必死なときって、写真を撮ってる余裕がないので、あまり画像で
お見せできないのが残念です~。
2008-01-30 Wed 22:40 | URL | Erica #-[ 内容変更]
別世界
いやあ別世界ですね。日本では、この景色は見られない。
何が違うのだろう。土の色?風の色?空の広さか。。。
夜の8時でこの光はうらやましいです。日本も早く春になれ~~。
2008-01-31 Thu 22:31 | URL | sakura #-[ 内容変更]
sakuraさん
そう!空の広さなのかもしれません。
それに空気が乾いているから、空がクリアなのかもです。
寒い地域だったんですが、やはり夏だったので、日本より暖かだった気がします。
2008-01-31 Thu 23:00 | URL | Erica #-[ 内容変更]
うわ~
なんか、すごいですね@@
きびしい自然を感じますよね。こういう所にこそ風力発電なんてもってこいなのかも知れませんが。。。。風に真横になるススキ(みたいなの)しっかり風を写していただきましたm(__)m
しかし、この明るさで夜8時とは驚き@@
得した気分ですね¥^^¥
2008-02-07 Thu 21:40 | URL | yume #wIehaaoc[ 内容変更]
yumeさん、順番に見てくださり、ありがとうございます
風じゃない、風邪をひかれていたそうですね。
もう大丈夫でしょうか。
そういえば、発電用の風車はほとんど見ませんでした。
あまりに風が強くて、折れたりしたら、しゃれにならないからかな。
2008-02-07 Thu 22:56 | URL | Erica #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| オーロラ‐ガラス |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。