The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
パタゴニア旅行記? 氷河と風と耐風姿勢
2008-04-11 Fri 21:00
例によって、ひとしきり写真を撮ったあとは、それぞれにランチだ。
朝作ったアボガドディップのサンドイッチはとびきりおいしかったが、
グレイ氷河から吹いてくる風は冷たく、長居はちょっとつらそうだった。

グレイ氷河
〈グレイ氷河〉

それでもティナは、携えてきたデジタルオーディオプレーヤーで、
目を閉じて氷河に向かい、音楽を聴いていた。彼女はそれをしてみたかったらしい。
超健脚なティナのロマンティックな一面。彼女のイヤホンからは、アルビノーニの
アダージョがもれ聴こえていた(クラシックだったのね)。なんとドラマチックな。

寒いので、早々に撤収となり、あわててお互いの記念撮影をした。
私も写真を撮ってもらったところが、撮影者が風にあおられてこんなことに。。。

あらら
〈ありゃっ!〉

もちろんもう一度ちゃんと撮ってもらったけど、なぜか上半身下半身別々の撮影と相成った。
すぐ後ろは崖なのだ。スリリングすぎる。

本当はもっと氷河に近づきたかった。もっと先まで行ってみたかった。
この氷河でアイストレッキングもしてみたかった。
いつか行けるだろうか・・・?


歩みの遅い自分のことを棚に上げているようだが、リーダーのトリシアに、
さっき湧いた疑問を、戸惑いながらも、思い切って聞いてみた。

「速く歩ける人は、遅い私たちを待っている間、休むことができるよね?
でもすぐ出発してしまうから、遅れていた者は休めない。もし、もう少し休みたいと
思ったら、休んでもいいんだよね?」
トリシアは、ちょっと困ったようにしばらく黙っていたが、答えてくれた。
「もちろん。なぜならみんな違うから。歩くのが速い人もいれば、写真を撮りたい人もいる。
目的はみんな違うから。」

私の稚拙な英語で、上手く伝わったかどうかはわからなかった。
もしかしたら、言うべきではなかったのかもしれなかった。
が、とりあえずしてみた主張だった。

グレイ氷河からの帰り道、ずっと見たかったパタゴニア独特の形をした南極ブナの樹
を発見。これが撮りたかったのだ。

この木なんの木
〈南極ブナの耐風姿勢〉

風雪に耐え、耐風姿勢になっているとガイドブックには書いてある。
なんだか、「辛いときは、どんな格好でもいいから、踏ん張ってみな」
と言われたような気がした。
そうだ、格好悪くたっていいじゃないかと、ちょっと開き直ってみたりして。



スポンサーサイト
別窓 | パタゴニア | コメント:6 | トラックバック:0
<<パタゴニア旅行記? クエルノス・デル・パイネ | オーロラ‐ガラス | パタゴニア旅行記?グレイ湖へのトレッキング>>
この記事のコメント
タイトルgood!
彼女のイヤホンからは、アルビノーニの
アダージョがもれ聴こえていた(クラシックだったのね)。なんとドラマチックな。

ここはやっぱりクラシックでしょうかi-185>~いいなぁ

>辛いときは、どんな格好でもいいから、踏ん張ってみな」
と言われたような気がした。
うん! 踏ん張っている姿は、かっこいいよねっつv-426
2008-04-11 Fri 23:13 | URL | ドレミ #-[ 内容変更]
いえいえ(^_^;)
星野道夫さんの作品のパクリみたいかなとも思ったのですが、ほんとにそう思ったので、そのままにしてしまいました(汗)。
自然体を信条としたいなとは思っているのですが、時には踏ん張っている姿がカッコいいと思えるくらい、踏ん張らないといけないですね。
ドレミさんみたいに、完全燃焼しないとな~。v-220
2008-04-13 Sun 22:33 | URL | Erica #-[ 内容変更]
ほえ~~~><
なんか、ゾクゾクして足がすくみあがるようなショットが。。。。><
私は特に高所恐怖症ではない(と思うのですが・・・)のですが、さすがに怖いですね@@でも、たまに夢で、無茶高い木の天辺にしがみついて、降りれずに泣きそうになってるのも見ます。。。;;
厳しい風雪に耐え抜いてきた木を見ていたら、実は私、北海道のサロマ湖畔にあるワッカの森の木々を思い出しました。学生の頃見た風景が忘れられなくて、去年再び訪れた時はその地点には立ち入りできなくなっており、もう二度と見ることはできないのかもしれませんが、強風に煽られ、不思議な形に傾きながら、悲鳴を上げているようにすら見えるその木々のその姿は一生忘れることはないしょう。なんか、とても懐かしいものを思い出せていただきましたm(__)m
2008-04-21 Mon 00:15 | URL | yume #wIehaaoc[ 内容変更]
yumeさん
ゾクゾクというか、足々というか、私の単足が写っててすみません。
>無茶高い木の天辺にしがみついて、降りれずに泣きそうになってる
って、なんだかかわいいかも。
私の場合は降りれずに泣きそうというよりは、ストーンと奈落の底に落ちてく感じを、
寝入りばなとかに体験するんですよね。。。
サロマ湖のワッカ原生花園には行ったことあるけど、
その森の木々は見てみたかったですね。
記憶にあるなら、どこかで遇えるかもしれませんよ。その景色に。

2008-04-21 Mon 23:06 | URL | Erica #-[ 内容変更]
グレイ氷河、すごいですね!!
見てみたいです。
青い色がとってもきれい…

あと、最後のブナ、とっても素敵。
「つらいときはどんな格好でもいいから、踏ん張ってみな」

素敵な言葉、勇気付けられました。
ありがとうございます。
2008-04-27 Sun 00:16 | URL | ヤドカリ #obWbQ39E[ 内容変更]
ヤドカリさん
グレイ氷河はねえ、もっと見ていたかったです。
きれいでしょう?
青いアイスバーグが、どこより青いんじゃないかな?

もう一度パタゴニアに行けるなら、お天気の日に、
パイネのグレイ氷河に行ってみたいもんです。

難局じゃなくて、南極ブナは、現地ではニレとかレンガなどの
植物をひっくるめて総称しているみたいなのです。
ふと、この形を見て、記事のようなことを思ってしまったんですよね。
2008-04-27 Sun 17:00 | URL | Erica #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| オーロラ‐ガラス |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。