The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
パタゴニア旅行記? フランセス谷トレッキング
2008-05-02 Fri 00:04
なんとかフランセス氷河を前に見る展望台にたどり着いたが、このお天気。
と、目の前の氷河が崩れ落ちている。

目の前で
〈崩れる氷河〉写真に写すにはちょっとけむっていた。

慌てて写真や動画を撮ったものの氷河も霞んでいて、いまいち分からない写真に
なってしまった。

ランチのサンドイッチを食べようとしたが、風が強くて具のツナが飛んで行くし、
マヨネーズをつけるのも大変なので、チョコレートバーなどで空腹を満たしていると、
ついに雪まで降ってきた。
かなり寒かったので、あっという間に撤収となってしまった。
“This is Patagonia ! ” トリシアの得意のセリフが飛び出す。
ホントに晴天から降雪まで、ありとあらゆる天候を見せてくれるパタゴニアだ。

帰り道、なんとなくヘンなことが起こっていた。昨日までとうって変わって、健脚組の一部が、
私が追いついたのに先に行かないで、おしゃべりしながら休んでいる。
おまけに私を先に行かせようとするし、ガイドのジャイは後からきた人は休んでもいいとか言う。
さてはトリシア?何か言ったでしょ?
私はちょっぴり気まずい思いで聞いた。
歩みの遅い私に合わせてもらおうという気持ちは、さらさらなかったからだ。
トリシアの返事は変らない。「みんな違うから。」

フランセス氷河からの帰り道
〈フランセス氷河の眺め〉あるサイトで、お天気の日のここの景色を見ていたけど、同じ場所とは思わなかった。
同じ場所に立っていたんだなあ。


そうは言っても、早い人が遅い者に合わせるのも無理がある。
結局、長い道中のうちに、健脚組は先に行き、私は最後のほうを歩いていた。
遅いメンバーに合わせていたトリシアだったが、もう先が見えているからか、仕事の都合でか、
先に行ってしまった。
写真を撮るたび、抜きつ抜かれつしていたが、私の後ろには、もうリンダしかいなかった。
お互い、待ったりはせず、それぞれのペースで進んでいた。実際そんな余裕もなかった。
今でも痕が残るほど、しっかり湿布とテーピングをした足首は、持ちこたえていたが、
そのつけが膝に来てしまって、ときどき抜けるように痛む。
まだキロ単位で先がある状態だったので、結構キツイなあと思いながらも、
足が勝手に前に出ていた。
写真を撮るために立ち止まる心の余裕もなくなっていて、ちゃんと止まらないものだから、
ブレた写真を量産してしまった。

やがて、ようやくゴールのキャンプサイトが見えてきたときには、一瞬熱いものがこみ上げた。
みんなはキャンプサイトのカフェでくつろいでいた。
たどり着いた私を見つけるとみんな声を上げて手を振ってくれた。
「やっと終わった・・・。歩きとおせた。」
そんな感慨とうらはらに、私もリンダもお手洗いに直行。
感慨も感動も生理現象には勝てないか(笑)。

角らしいかたち
〈角(つの)らしい形〉 これこそがクエルノス・デル・パイネらしい角度で見た景色。パイネを離れる船上から。
4月14日の記事のクエルノスと見比べてみてください。
スポンサーサイト
別窓 | パタゴニア | コメント:4 | トラックバック:0
<<パタゴニア旅行記? プンタ・アレーナスへ | オーロラ‐ガラス | パタゴニア旅行記?○○○にはまってさあたいへん。>>
この記事のコメント
こんばんは
最後の「角」の写真きれいですね。

あの山を見に行ったんですよね。


でも写真を撮りながらのトレッキングは考えてみるととても過酷ですね。
意外に写真を撮るのって時間掛かってしまうんですよね。
その分遅れるから急いで歩かないといけないし、ある意味インターバルトレーニングみたいなもので心配に掛かる負担は、歩き続けるより大きそうだし・・・・

ごくろうさまでした。
2008-05-02 Fri 03:09 | URL | tomozo- #-[ 内容変更]
tomozo-さん、ありがとうございます
「クエルノス・デル・パイネ=パイネのつの」と呼ばれる山なので、
やはりこの姿が定番なんでしょうね。
旅行パンフなどで見たときは、なんの魅力も感じなかった山だったのですが、
ちょっと違った顔を見せてもらったことで、愛着が湧いたというか・・・。
憧れの高嶺の花より、ちょっと優しくしてくれた人に惚れるというような感じでしょうかね。
どっちにしても高嶺の花には違いない山ですけどね。
最後まで歩きとおせてよかったですが、こんなもんじゃないんでしょう、おそらく。
2008-05-02 Fri 18:41 | URL | Erica #-[ 内容変更]
いや~
二枚目の氷河の写真・・・想像を絶する壮大さですね~@@んで、よ~く見ると、一枚目の写真は二枚目の写真の一部で右上の部分ですね^^
フランセス氷河からの帰り道の岩場なんて、もしかするとモレーンかもしれませんね~、なんて思っちゃいます。という事は、ここを昔氷河が流れてたんだとかw夢がふくらみますね~~~^^

あっ、遅くなっちゃいましたが、誕生日おめでとうございます~¥^^¥
2008-05-07 Wed 19:12 | URL | yume #wIehaaoc[ 内容変更]
yumeさん
さすがの観察眼ですね!
氷河なんて、どこも同じように見えるんじゃないかと思っていたんですが、
こうして見ると、結構それぞれ特徴がありますよね。
地質とかには詳しくないんですが、たぶんそこらじゅうモレーンだと思います。
今回歩いた場所は、かつて氷河が覆っていた場所でしょうね。
気が遠くなるほどの長い年月が、この地表の上を過ぎて行ったのですね。

あ、また誕生日を迎えてしまいました(笑)。
ありがとうございます。
この世界を見られることに感謝しつつ、肩肘張らずにがんばろーと思います。(o^-')b
2008-05-07 Wed 23:53 | URL | Erica #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| オーロラ‐ガラス |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。