The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
パタゴニア旅行記? さよならパタゴニア!
2008-08-03 Sun 23:06
ウシュアイア空港でチェックイン。
大きな荷物で超過料金を取られるかとひやひやしたが、今回もなんとかパス。

荷物を預けて悠々と手荷物検査に向かう。
X線を通された私のリュックについて、係員が何か言っている。
ナイフのようなものを持っていないか?と言っているらしい。

んなバカな!と、ところが…隅々まで荷物を見られてわかった。
そうだった…トレッキング時に必要なものとしてまとめていた小さな袋。
果たしてその中に、あった。ずっと以前、スイスで買った思い出のビクトリノックス!(泣)!
頭は真っ白、顔は真っ青!

実際、持っていたけど今まで一度も使わなかったのだった。
リンゴは皮ごとかじってたし、栓抜きも缶切りも必要なかった。
ただ、何かのときには、刃物はないと困ると思って持っていたのだった。
外に出てもう一度荷物を預け直す気力はなかった私は、泣く泣く諦めた。

またまた、自分の間抜けさ加減に意気消沈している私に、トリシアが気を遣って
「1グループで3人が帽子をなくしたこともあるのよ」などとなぐさめてくれる。
まったく最後までおっちょこちょいな私である。
でもまだ旅は終わってはいないのだ。引きずってる場合じゃない。
「いやいや、私はきっといつかこういうミスをしたと思うから(仕方ない)。」と
多分なんとか英語で伝えた。
どう言ったのか覚えてないし、伝わったかどうかあやしいけれど。

こんなばたばたで、パタゴニアとの別れも感傷に浸る間もなく搭乗。
なんでも最後は意外とあっけないものだ。
そうでないと、人は前に進めないのかもしれない。

さよならパタゴニア
〈さよならパタゴニア〉
やがて飛行機が離陸した。パタゴニアの景色ともお別れだ。
またいつか来れるだろうか?もう二度とはこの景色を見ることは叶わないのだろうか?
心残りだったし、名残惜しかった。
それでも一度は来ることができたんだ。遠い南米のさらにその果てに。
さよならパタゴニア!ありがとう!さよなら風と氷河の大地!



パタゴニアの旅行記はここまでで終わります。
稚拙な、そして自己満足な写真と文章に、ここまでおつきあいいただき、
まことにありがとうございました。感謝、感謝です。が、まだ続きがあります。
パタゴニア旅行記?番外編 「Road to Igazu」(仮題) なんちゃって? を
ちょっとだけ休止後、近日開始します!なんちゃって!
スポンサーサイト
別窓 | パタゴニア | コメント:4 | トラックバック:0
<<おすすめ写真展いろいろ | オーロラ‐ガラス | パタゴニア旅行記? 最果ての監獄博物館>>
この記事のコメント
楽しんだよ♪
旅行記有り難うございました。
決していけないだろう地球の反対側に、想像もできなかった自然や文化が在ることを、この旅行記で知ることができました。

ちゃんと原稿とってある? 誰か出版社に知り合いいる人いないかなあ? って思っちゃう。
番外編長く続くことを祈ってます。アンコール連発しちゃおう。v-424
2008-08-04 Mon 18:48 | URL | ドレミ #-[ 内容変更]
とても
素晴らしい旅行記ありがとうございました。なんか、私も旅のほんの一部にではありますが、参加させていただいている気持ちで読ませていただいていました。。。ですから、終わってしまうのがちょっと寂しい気すらします。
気がつくと、パタゴニア日記へのコメントも遅れ遅れではありましたが、なんとコンプリ~~トw、しちゃいました
¥^^¥

ビクトリノックス、私もスイスで購入したのを持っています。大切な思い出の品。。。残念でしたが、きっともう一回来てねとスイスも呼んでますw
いよいよ、いそがしいですね~~^^

番外編も楽しみにしていますよ¥^^¥
2008-08-04 Mon 22:51 | URL | yume #wIehaaoc[ 内容変更]
空港は
日本国内なら、X線検査で引っ掛かってもそこから封筒に預けて降りるときに返してくれるのですが・・・残念です。

僕の場合は、持ち込み荷物が重いと言われて泣く泣くカメラ機材一式を預けました。まあ無事でしたが。
2008-08-05 Tue 21:22 | URL | Koji #-[ 内容変更]
コメント遅れてすみません!
このところ、仕事が山でパソコンを開く余裕がなく、コメント遅くなってしまいました。
すみません(^_^;)

yumeさん

ずっと読んでくださって、ありがとうございました。
終わるのが寂しいと思ってもらえるなんて光栄です。
最終回にしては盛り上がりに欠けるかな、「え、これが最終回なの?」と
思われるとは思ったのですが、無理矢理フィクションを書くのもなんなので(笑)、
自分のトーンで終わりました。
yumeさんは小説書かれてますが、最終回って難しいものですね。
ビクトリノックスは日本で買ったほうが今は安いかな?


ドレミさん

今のところブログは削ったりしてないので全部ありますよ。
こんな旅行記でも本にしてくれるとこなんてありますかね?!
ドレミさんにはいつもコメントいただき、励みになりました。
イグアズ(英語読み)へ行くのには結構いろいろありました。
いろんな人に助けてもらい、心細い思いもちょっぴりしましたね。


kojiさん
そうなんですよー。国内線だけど、そこに置いていくか、外に出て
荷物を預け直すかの選択となりました。
二度としないように気をつけなきゃです。
kojiさんはオーロラ撮りに行ったのに、行きにカメラを預けたとは、
さぞや心配だったでしょうね。
飛行機乗るときはカメラやフィルムでいつも苦労しますよねー。
2008-08-10 Sun 13:28 | URL | Erica #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| オーロラ‐ガラス |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。