The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
Road to IGUAZU   遠い日本人より近くの外国人?
2008-09-21 Sun 13:49
ツアーが進むにつれ、私のほかにイグアズに行こうとしているのは、
インド系カナダ人のジェイ&スー夫妻だとわかった。
かといって一緒に行ける保障はなかった。
彼らは、もうすっかり準備できているようだった。

インターネットで航空券をとるにもホテルのパソコン環境は悪かった。
それに当然ながら全部英語表記。
私が自力でやるには、いくら時間があっても足らなかっただろう。
いや不可能だったに違いない。
リーダーのトリシアは辛抱強く、笑顔でつきあってくれた。
なんとかチケットの予約が取れて、
「OK、とにかく予約は取れたから安心して。プリントはまた環境があるところでしましょう。」
また別のホテルのパソコンでもトライして時間切れ、ついにトリシアはウシュアイアでの
自分の自由時間にプリントして渡してくれた。
結果的にジェイ&スー夫妻と同じ飛行機だった。

ポストカードとピンバッチ
<旅のおみやげ ポストカードとピンバッチ>
家族や親しい友人に送ったポストカードや、同僚に買ったピンバッチなど。
おみやげとしてはめぼしいものはなかったけれど、やっぱり美しい風景がおみやげ。


チケットが取れたら次は宿。
トリシアにジェイ&スー夫妻と同じリゾートホテルにするか?と聞かれた。
心強いが、そこまでしていいものか?お邪魔虫だしなあ。
南米に詳しいトリシアには、どうやらつてがあるらしい。
ここは彼女の顔も立てるべきか…と考えてるうちに、「安全でリーズナブルなホテルなら
いい」という私の要望に基づいて、別のホテルを予約してくれた。
そして、「現地のこの旅行社を訪ねなさい」とメモを渡してくれた。
ようやく旅の準備かできた。

パタゴニアを後にして、ブエノスアイレスに到着。
夜はタンゴショーの鑑賞をして、みんなと打ち上げをした。
翌朝早い私たちイグアズ組は、名残惜しくホテルに戻り、汗だくになって荷物をまとめた。



スポンサーサイト
別窓 | イグアズ パタゴニア旅行記番外編 | コメント:4 | トラックバック:0
<<Road to IGUAZU イグアズへ | オーロラ‐ガラス | クマ>>
この記事のコメント
ひえ~@@
なになに、現地でイグアズ行きを飛行機からホテルまで、手配しちゃったの?すごい!!なんか、これこそ本当に脱帽ですm(__)m

頼れる友達が一杯できてよかったですね~^^
最高のお土産は、きっとそれだったんじゃないですか?
2008-09-21 Sun 14:21 | URL | yume #wIehaaoc[ 内容変更]
いえいえ
私はほとんど何もしてないも同然なんです。
パソコンの前に座り、「何時出発にする?」「カード番号入力して」「名前入力して」
「携帯のメールアドレスを入力して」と、トリシアに言われるままに、やっていたんですから。

本当に、ツアーリーダーさまさまです。心から有難かった。
最後にはメンバーとは別枠で、感謝のチップを渡しましたけども。
2008-09-21 Sun 17:20 | URL | Erica #-[ 内容変更]
すごいです。
すごいです!


この一言に尽きるかも

結果的に、旅行中に飛行機のチケットから宿の手配までやってしまったのですか!
すごいです!




でもツアーリーダーって普通はそこまで付き合ってくれないですよね?
良い人に当たったのですね\^^/
2008-09-22 Mon 18:22 | URL | tomozo- #-[ 内容変更]
たしかに
今考えると奇跡のようですよね。

行きたいという意志のみで、何の準備もしてない私が、イグアズへ行けたのは、
リーダーやツアーメイトのお陰なんです。

私は、本当にツイていたと思いますよ。感謝としか言えないです。(^_^;)
2008-09-24 Wed 23:24 | URL | Erica #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| オーロラ‐ガラス |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。