The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
Road to IGUAZU イグアズへ
2008-09-28 Sun 01:09
暗いうちに起床し、大きな荷物はホテルに預けて待っていると、ジェイ&スー夫妻も
やってきた。
迎えのタクシーが手配されていて、みんなで空港に行く手筈になっていた。

が、待てど暮らせど、来ない。
飛行機の時間があるので、いつまでも待っているわけにはいかない。
これじゃ、事前に手配している意味がないじゃないか~。
しかたないので、新たにタクシーを呼んで空港に向かった。

私のチケットは、行きだけエコノミークラスが取れず、幸か不幸か、ビジネスクラスだった
(高かったけど)。
それも一番前の窓側の席。生まれて初めてのビジネスクラス!内心ワクワクだ。
隣はリッチそうだが、強面のおじさんだった。

朝ごはんが出てきた。ちゃんとしたグラスでサービスされるオレンジジュース。
トレーに乗ってくる袋入りではないベーグルと果物。
どれも機内食にしてはおいしくて、写真を撮るのを忘れてしまった。
ああ、惜しい・・・。

イグアズへ
<イグアズへ>

そんなことで舞い上がっているうちに、イグアズに到着。
3人でタクシーに乗り、今日の宿に向かう。
そこは南国そのものだった。
目に映る景色は、空気感といい、街路樹といい、昨日までいたパタゴニアとは大違いで、
真上から差してくるような光と、パームツリーなど南国の植物に彩られていた。

パタゴニアの終盤から風邪をひいていたので、気温と気圧の変化のせいか、
タクシーの中で咳が止まらなくなった。
後ろに乗っているジェイたちはさぞびっくりしていることだろう。

しばらくして、タクシーはジェイたちのリゾートホテルに着いた。
明日は一緒に「イグアス国立公園(アルゼンチン側)」に行く予定だが、彼等は今日、
イグアズのブラジルサイドを観光するのだ。
私は残念ながらブラジルのビザを取得してないので、行くことができない。
早くから決めていたら可能だっただろうがあとの祭だ。
でも、ここまで来れたことだけで奇跡に近いのだ。

私はいろいろと世話になってる彼等のカメラが壊れているのを知っていたので、
未使用の使い捨てカメラをあげて、写真撮ったら見せてね!と伝えた。

ジェイは私の体調の悪さをみかねて、
"Stay Erica !″ 「トリシアが紹介してくれたエージェントには僕から電話しておくから。」
と言ってくれた。

彼等を降ろして、タクシーは私が泊まるホテルへと向かった。
さあ、ここからは独りだ。体調は悪いが、しっかりしなくては。
スポンサーサイト
別窓 | イグアズ パタゴニア旅行記番外編 | コメント:2 | トラックバック:0
<<Road to IGUAZU  イグアズのホテルにて | オーロラ‐ガラス | Road to IGUAZU   遠い日本人より近くの外国人?>>
この記事のコメント
なんか
わくわくする展開ですね。。。小説でも読んでいる気分です。
しかし、ビジネスとはすごい@@いつもというのは無理ですが、一度は乗ってみたいです
が、まさに冒険旅行のような様相になってきましたね。この先ひとりでどうなるんだろう。。。ドキドキ。。。。

世界三大瀑布のひとつ。。。私もいつかは行ってみたい、そう思っている場所の一つです。。。この先が楽しみです!!
2008-09-28 Sun 18:04 | URL | yume #wIehaaoc[ 内容変更]
わくわくしてもらえると
嬉しいです。が、冒険小説ではないので、ちょっとプレッシャーです(笑)。
ビジネスクラスとはいえ、国内線なので、あっという間でした。
でもちょっと得した気分でした(当日まで気づいてなかったので。まぬけでしょ。)。
2008-09-29 Mon 21:51 | URL | Erica #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| オーロラ‐ガラス |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。