The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
Road to IGUAZU  さらばイグアズ
2009-03-07 Sat 22:05
イグアズ国立公園のゲートを出て、バスに乗り、バスターミナルに着いた。
「ここでバイバイだ、Erica。」Jay&Su夫妻との別れはあっけなく突然訪れた。

Suはボートに乗る前から疲れて見えていたし、Jayは私に気を使ってくれていたし、
いつも夫婦で過ごすようにはいかなかっただろう。
私はお荷物に違いなかった。
夕飯くらいは一緒にしたかったけど、引き止められる雰囲気ではなかった。

「ありがとう。あなたがたがいなかったら、私はここへ来れなかった。
あなたがたのおかげで、とても楽しかった。」そう伝えるのが精一杯だった。
お互いに「写真を見せてね!」と約束をして、ハグして別れた。


夕暮れて
<夕暮れて>

ひとりになった。

西陽の強い中をホテルに帰るとバスルームの電気が点かない。
なんてこったい・・・。
このままで我慢しようかなと思ったが、ただでさえ暗い室内、「暗闇のなかでお風呂に
入るのもなあ・・・」しばし考えて、へたりそうな心と身体に鞭打って(おおげさ)、
クレームの言葉を英語とスペイン語で探して書き取り、それを持ってフロントへ。

話せないのは情けないけど、英語を読みながらメモを見せて、なんとか伝わった。
待つことしばし、係のオジさんがやってきて蛍光灯を交換してくれた。

明日はブエノスアイレスに戻り帰途につくので、タクシーの手配をまたフロントに頼みに行った。
さっきまとめて頼みたかったが、一度に2つ頼みごとをすると、どちらか忘れられそうな気が
したので、用心の上のことだ。
フロントのおにーさんは「トニーという人が赤い車で迎えにくるから」と言った。

そういえば、イグアズで星を撮ってないと思い、4時ごろに起きて、抜き足差し足忍び足で、
中庭に出た。
まだ真っ暗だが、お掃除の人は働いていた。
不審に思われるかなーと思ったが、まったく意に解してない。
ライトが明るすぎるのでホテルの外に出たかったが、ここでなにかあってもいけないので、
プールのあるホテルの中庭にカメラ置いて夜空を撮ってみた。

Last Night
<イグアズの夜空>

翌朝、軽く朝食を取りタクシーを待つ。
約束の時間だが赤い車のトニーは来ない。
10分経過、20分経過…。
でも慌てなかった。こんなこともあろうかと余裕をみて頼んでいたのだ。
だってこれで3回目である。私でも学習するのだ!とはいえ、もう待ってられない。

フロントにかけあって、すぐに手配してもらった。ほどなくして迎えのタクシーが来た。
前もって頼んでたことが、ことごとく無駄なこの国って…。

さらばイグアズ。飛行機はこの楽園のような街を飛び立った。
スポンサーサイト
別窓 | イグアズ パタゴニア旅行記番外編 | コメント:2 | トラックバック:0
<<オーロラの旅に行ってきます | オーロラ‐ガラス | 大自然の写真展ふたつ>>
この記事のコメント
ほぇ~
すごいホテルですねぇ。それにしても、時間はたっぷりある国なのですね。そんな国で、時間も忘れて、すごしたいなぁ。浦島太郎になってみたいなぁ。そんなところを旅してきたEricaさんがうらやましい。と同時にそのたくましさに敬意を表します。(*^_^*)
2009-03-11 Wed 22:02 | URL | sakura #-[ 内容変更]
sakuraさん
sakuraさん、コメント遅くてすみません。
プールのあるホテルってすごいのかなー。
でもここは、家族連れが多くて、昼間は市営プールのようでしたよ。
そうそう、赤ちゃん用のミルク(ただの牛乳のようだったけど)をフロントでもらってるのには驚きました。
奥に冷蔵庫があるのかな。ああいうサービスって、普通なのか?!

私はとても心配症で、本当は自信も度胸も無いんです。迷い迷って往生際もすごく悪いです。
今ではよくこんなことしたなあと思いますよ。
2009-03-16 Mon 20:50 | URL | Erica #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| オーロラ‐ガラス |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。