The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
アイスロード上に舞うオーロラ ― イヌービク
2009-07-07 Tue 23:55
今日は七夕です。しかも満月です。
(いまとてもよく見えてますよ。明るいので天の川は見ることができませんが。)

さらに今月は皆既日食だから、太陽のエネルギーを得て月のパワーが強いんですって。
(ホントか?)友人が教えてくれました。
信じるも信じないも自由だけれど、笹の短冊に願いを託して満月に向かって
振ってみました。願いが叶いますように。


今夜の鑑賞地は、なんとアイスロードです。
とはいえ、危険なので、ほんのすみっこですが。
氷の上、遮るもののない道、当然寒いです。
が、北極海よりは、やはり暖かいというか、寒くないような気がしました。

ただ、イヌービクは街なので光害は免れないようでした。
写真に赤っぽく写っているのは街明かりです。

ショーの始まり
<ショーの始まり>

連日オーロラに恵まれてきたので、こちらも贅沢になってきて、
ある程度撮影して、オーロラに動きがないと、電池の充電・暖めを兼ねて
車に待機することも多くなっていました。

地平線に
<地平線が染まってる>私、この空が見たかったんです

それでもたえず空の様子をチェック。
動きが激しくなってきたものの、空全体に出てしまうと、
どう切り取ったらいいのか悩みます。

不死鳥が舞い降りた
<不死鳥が舞い降りた>
スポンサーサイト
別窓 | オーロラ | コメント:4 | トラックバック:0
<<魔法にかけられた夜 ― ブレイクアップ・オーロラ | オーロラ‐ガラス | 北極海に別れを告げて>>
この記事のコメント
最後の写真、本当に不死鳥が舞い降りたように見えますね。
赤い色のオーロラだったら、
僕は間違いなく
「火の鳥」
と名づけちゃいますね。

でも日本国内なら仕方ないけど、
アイスロードの上のような大氷原?でも光害が見えてしまうのですね、ちょっと衝撃でした。
2009-07-08 Wed 23:08 | URL | tomozo- #-[ 内容変更]
Re: タイトルなし
> 最後の写真、本当に不死鳥が舞い降りたように見えますね。

tomozoーさん、ありがとうございます。
不死鳥に見えますか?よかった。ちょっと言いすぎだったかなと思ったものですから。
それらしいのがもう1枚あるのですが、それはちょっととっておこうと思って。

> 赤い色のオーロラだったら、
> 僕は間違いなく
> 「火の鳥」
> と名づけちゃいますね。

だったら、よかったですけどね~。めったに見れないようです。
まだ見たことがありません。残念。

> でも日本国内なら仕方ないけど、
> アイスロードの上のような大氷原?でも光害が見えてしまうのですね、ちょっと衝撃でした。

日本でたくさん星の写真を撮っているtomozoーさんですから、光害には苦労されていますよね。
イヌービクはもちろん、北極海のタクトヤクタックですら光害はありました。
画面に入れないように、あるいは被写体としてうまく入れるのに苦労しました。
人が住むところには、灯があるってことですね。
2009-07-08 Wed 23:47 | URL | Erica #-[ 内容変更]
またまた質問です。
きれいですね。アイスロードの藍の色が美しい。不死鳥も見事です。ところで。。。光害って何をさすのでしょうか?
勉強不足ですみません。<m(__)m>
2009-07-11 Sat 00:23 | URL | sakura #-[ 内容変更]
Re: またまた質問です。
> ところで。。。光害って何をさすのでしょうか?

sakuraさんへ
えっと、そうですね。
天体観測とか天体写真を撮ろうとするとき、明るい場所だと星が(オーロラもですが)
見えにくいですね。星なんかだと、1等星くらいでないと見えなかったりしますね。
例えば市街地で天体写真や星景写真を撮る場合、街の光が邪魔をしてしまうわけです。
まあ、これを光の害(光害)と言っているわけです。
人に安全と安心をもたらす街灯が、こういう場合は害になっているということなんです。
ちなみにオーロラは、一番明るくて、月の明るさなので、やはり光害の影響が出るんです。
説明になっていますかね~?
2009-07-12 Sun 01:08 | URL | Erica #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| オーロラ‐ガラス |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。