The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
旅の振り返り その5
2006-04-27 Thu 23:19
セスナは国境に近い山岳地帯を進んで行きます。そして、高い山々が連なる中、頂上に笠雲を冠った山が。

ローガン

目的のカナダ最高峰マウント・ローガンです。
富士山よりずっと高い山を、今、見上げるのではなく空から見ているのです。
頂上が見られないのは残念だけど、笠を冠った姿は、これはこれでめったに見られないものでしょう。
つばの広い麦藁帽子をかぶったようなその姿は、ちょっとユーモラスにすら見えます。
また慌ててシャッターをきります。露出が合ってるか、まるで自信がありません。
ずっと飛んでいられたらいいのですが、我を忘れているうちに、ローガンに別れを告げ、もう帰り道です。
さっきの氷河の崩落現場が、もっと間近に見えるように、パイロット氏が配慮してくれたので、青い色がセスナの窓いっぱいによぎっていきます。自分の席の反対側の窓なので今度は撮る暇がありません。しっかり目に焼き付けます。
セスナの機影が、氷河の上をすべっていきます。
この映像に音楽をつけるとしたら、アップテンポの軽快な曲をつけたい気分。

セスナの影

やがて動物がよく見られるという地域へ。ムースの親子がいるようです。
言われて目を凝らして見るけど、残念!見逃したっ。でも動物の足跡らしいものはたくさん見えます。
3本のフィルムを使い切り、後はもう帰るだけ。ふたたびグレーの雲の下に、地上に。
滑走路が見えてきました。ランディング。。。。。。

セスナに乗ったと言ったら、「そんな大名旅行して!」とある人に言われてしまいました。確かに贅沢だと私も思います。
それでも自分には、冬山に登るなど到底できないことと、マウント・ローガンが確か低地からは見えないことを考えれば、価値があると思いました。
行ってみなければ見えるかどうかわからないという、ある意味賭けであることや、リスクを引き受けられれば。
それから、酔い止めは一応飲んでおいたほうがよさそうです。酔わないという自己暗示をかけるためにも。
でもなにより夢中になることが一番の薬になるように思われます。

「旅の振り返り」とりあえずおしまいです。いかがだったでしょうか?オーロラは最終夜も、霧でぼんやりとしか見えず。
霧も雰囲気あるけどね(負け惜しみ)。
アップできなかった写真は番外編として、またいつかお見せしたいと思います。

連休中は更新は不定期とさせていただきます。でも出掛ける予定もないのでまめに更新してたら、かわいそうに、
こいつ暇なんだと思ってください(笑)。
スポンサーサイト
別窓 | 旅のはなし | コメント:1 | トラックバック:0
<<ゴールデンウィークですが・・・ | オーロラ‐ガラス | 旅の振り返り その4>>
この記事のコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006-06-05 Mon 10:56 | | #[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| オーロラ‐ガラス |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。