The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
野付半島 陸路から 前半
2009-11-15 Sun 18:40
陸路にて野付半島へ向かう。
砂嘴という特異な地形を味わうことになる。その距離日本最長26キロメートル!
半島に入ると延々と海の中を走る長い長い道が続く。

海の中を走る
<海の中を走る>~感じ~♪

やがてたどり着いたのはネイチャーセンターのある第1駐車場。
声を掛けられ、びっくりして見やると、今朝、春国岱で長くて重そうな望遠レンズを携え
野鳥を追い掛けていたご夫婦だった。
独りで旅していると、こういう風に声をかけていただけるのが、本当に嬉しい。
それにしても、行き先が同じとは、考えることはみな同じなのだ。

私はトドワラに向かって歩き出した。時折小雨がぱらついている。
歩き出したもののこれがまた遠い。後で調べたら片道1.3キロだった。

原生花園があって、ハマナス・エゾカンゾウ・ヒオウギアヤメ・センダイハギなどなど
色とりどりの花が楽しませてくれるが、先はまだ長そうだ。
空模様が気になるので、スナップだけ撮って、先を急ぐ。

やっとたどり着いたトドワラは、噂通り、白骨樹自体がまばらで、やがて失くなる運命である
ことを感じさせられた。
率直に言って、その少なさにがっかりした。でも間に合ったのかもしれない。
絵にするのは難しいと思ったけど自分なりに撮ってみよう。

ガオ~ッ
<ガオ~ッ!>って見えませんか?

腕をのばして
<腕をのばして>

空はいよいよ重苦しい色で、厚い雲からは、時折、雨が打ち付けてくるので、そのたびに
カメラにシャワーキャップをかぶせたり、とったり。
やっかいな雨だが、この景色には似つかわしいように思えた。
青空の日でなくても、後悔はないなと思った(ホント負け惜しみでなくて)。

トドワラ
<トドワラ>まさにあの景色だった


そうはいっても、やはりさびしい景色。団体さんがいないときは、人もまばら。
長居はせず、退散することにした。

後半に続く>

スポンサーサイト
別窓 | 旅のはなし | コメント:2 | トラックバック:0
<<野付半島 陸路から 後半 | オーロラ‐ガラス | 野付半島へ>>
この記事のコメント
あら~ 
この記事にコメント書く予定が・・i-229
前の記事に書いちゃったi-201

白骨樹、是非この目で見てみたいわ!
2009-11-16 Mon 10:18 | URL | ドレミ #-[ 内容変更]
Re: あら~ 
> この記事にコメント書く予定が・・i-229
> 前の記事に書いちゃったi-201

あらら、そうでしたか~

> 白骨樹、是非この目で見てみたいわ!

はい、ぜひぜひ。
2009-11-17 Tue 23:10 | URL | Erica #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| オーロラ‐ガラス |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。