The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
昭和記念公園 初夏の花
2010-05-28 Fri 00:52
前回の記事「シャレーポピー」以外にも、見ごろの花はいろいろありました。

アグロステンマは、ナデシコ科の花だそうです。
これも背が高いので、私が撮れる花を探すのがたいへんでした。

アグロステンマ
<アグロステンマ>ちょっと中途半端な撮り方をしてしまったかな・・・。
紫の花を白い花たちがバックアップしているかのようです。


地味ですが、ヤマボウシという花です。花びらのように見えるのは、総苞片というものらしいです。
花は真ん中の緑の部分。咲くのはまだこれからみたい。ほのかに爽やかな香りがします。

ヤマボウシ
<ヤマボウシ>ほのかな香りがします。実は食べられるらしい・・・。苞の部分は実際はもう少し白いです。

独りちまちまと撮っていると、写真仲間とおぼしき、女性グループが、「これ、きれいね~」と
やってきて、立派なレンズのついたカメラで、激写しまくっていました。
写真撮影隊でない一般の人もどっと押し寄せて、樹のまわりは、人だかりに・・・。
すごすごとその場を後にして、日本庭園へ。


睡蓮が見ごろはじめとホームページにあったのに、その場所がどうしても見つけられず、
日本庭園で、ささやかに咲き始めた睡蓮を見つけました。
池には年季の入った亀がいて、ときどき睡蓮の下を泳いだり、顔を出して、こちらを威嚇?したりします。

睡蓮
<睡蓮>初夏の午後の光、まだ咲き初めの花、その下を音もなく泳ぐ亀・・・。


もう少し開いた花を見たかったけれど、咲き始めの花も奥ゆかしくて、楚々としてきれいですね。






スポンサーサイト
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
<<遥かな尾瀬 その1 | オーロラ‐ガラス | シャレーポピー>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| オーロラ‐ガラス |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。