The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
オーロラ 天の音階 そして…
2011-01-16 Sun 23:16
Live! Aurora アラスカのライブカメラ映像を見ていると、このところ連日出現して、
ブレイクアップも起こったりしている模様。
心がざわざわする。うずうずする。

でも、今年は一番行きたいところへは行けないので、2番目、3番目を検討していたけれど、
心が決まらない。
オーロラももちろんだが、この時期しか見れないという景色が頭の中をぐるぐる回る。
こう書いたらものすごく贅沢な話ではある。


一方で、寒い時期に家を空けることの老いた家族への心配と罪悪感。
さらにこの先のチャンスは近いうちに永遠に失われるだろうという悲観ではない
ほぼ確実な予感から来る焦り。
一応サラリーマンなので、前倒し&根回しで、どう仕事の山をぬって休みをとるのか。
仕事の調整と周りへの配慮に頭を使わねば。

でも一番必要なのは、非常に限られれた時間と予算をつぎ込む度胸と決心、
自分の運を信じる自信。それを自問自答して、思わぬ葛藤をしてしまう。
チャンスをものにする機会がたくさん得られる環境なら、そんなことは思わないんだろうか?
でも、それはできない相談。

天の音階
<天の音階>私に降ってきた天の音楽。降りてきた天の階段?
2年前のカナダ タクトヤクタックでのオーロラです。



ところでこのブログは、2006年1月17日に始めた。実は明日で、まる5年なのだ。
(阪神大震災の日であることは承知の上で、あえてこの日にさせていただいた。)

そして、明日、6年目が始まる。どんな年になるのだろう。
私の身体の細胞も、状況も、心境も、どんどん変わっているはず。
上のようなことを書いているようじゃ、成長がないなあ。

楽しみにして、ワクワクして、チャンスは掴みにいって、楽しまなければもったいないな。
もちろん、旅のこと趣味のことだけではない、むしろ楽しい事ばかりではない日常の人生。

だれでもそうだ。それぞれの苦労を心配を持っているはず。
それでも頑張っている人が大半なはず。これを読んでいるあなたもそうでしょう?

なんでも逃げていたら、怖くなるだけ。失敗しても落胆してもやらないと。
深呼吸して、頭をクリアーにして、ともかく進も。


「オーロラ・ガラス」というタイトルを掲げていていいものか迷うときもありますが、
6年目突入いたします。よろしくお願いいたします。




スポンサーサイト
別窓 | オーロラ | コメント:6 | トラックバック:0
<<TURARA TUBAKI | オーロラ‐ガラス | 宇宙から見たオーロラ展2011>>
この記事のコメント
どこに行くのかは決まりましたか?
限られた条件の中で悩み最良と思われる選択をする。
撮影地選びだけでなく、人生の色々な場面であるような気がしますね。
そんな緊張感が良い作品を撮らせたり、自分を成長させるのかな、なんて思います。

と、言う事で素敵な写真を期待してますよ♪

昨日、家族で「宇宙から見たオーロラ展2011」に行ってきました。
素敵な写真と映像、良かったです♪
子供達は隣で開催されているジョージ・スタインメッツ写真展での写真が気に入ったようで、一枚一枚解説を読んで聞かせました。
2011-01-17 Mon 08:38 | URL | ぶながや #hQTenzbc[ 内容変更]
>だれでもそうだ。それぞれの苦労を心配を持っているはず。
>それでも頑張っている人が大半なはず。これを読んでいる>あなたもそうでしょう?

そう、どんな人も、外からはわからないそれぞれこころの奥に悩みや、
苦労や、不安や、それでも希望も持ち合わせているんだよね。 
それにはフェイス to フェイスで語りあってみれば、すご~く
心が軽くなって、がんばっていけそうな気がします。
オーロラはご一緒できないかもできないけど、今年も気軽に誘って頂戴!
「宇宙から見たオーロラ展」行って見たいです。v-353
2011-01-17 Mon 13:34 | URL | ドレミ #-[ 内容変更]
オーロラの写真はどれも幻想的ですが、これほどまで幻想的で抒情的なオーロラは初めてです。
ericaさんが付けた「天の音階」というタイトルもとても素敵です。
2011-01-18 Tue 00:47 | URL | サブーイ兄 #dvUYBDnY[ 内容変更]
Re: タイトルなし
ぶながやさん

コメントありがとうございました!

まだ検討中です。
結局どこにも行けなかった、ということにはしたくないのですが・・・。

> 撮影地選びだけでなく、人生の色々な場面であるような気がしますね。
> そんな緊張感が良い作品を撮らせたり、自分を成長させるのかな、なんて思います。

そうかも、そうであってほしいですね。がんばりましょっ。

> 昨日、家族で「宇宙から見たオーロラ展2011」に行ってきました。
> 素敵な写真と映像、良かったです♪
> 子供達は隣で開催されているジョージ・スタインメッツ写真展での写真が気に入ったようで、一枚一枚解説を読んで聞かせました。

楽しんでいただけたなら、ご紹介した甲斐があったというものです。

オーロラは、ある意味抽象的なので、お子さんにはとっつきにくいかもしれないですね。
スタインメッツの写真も壮大で、俯瞰するというめったに経験できない視点で、
面白い写真ですよね。
2011-01-18 Tue 23:45 | URL | Erica Blue #-[ 内容変更]
Re: タイトルなし
> >だれでもそうだ。それぞれの苦労を心配を持っているはず。
> そう、どんな人も、外からはわからないそれぞれこころの奥に悩みや、
> 苦労や、不安や、それでも希望も持ち合わせているんだよね。

ドレミさん、いつもコメントありがとうございます。
例のDVDはもうちょっと待っててくださいね。

希望、そうですね。最近、希望ということを忘れていた気がします。
未来に展望をもっていなかったというか。
でも、今日、ある本を読んで、明るい未来を思い描かないといけないなと
思いました。
 
> それにはフェイス to フェイスで語りあってみれば、すご~く
> 心が軽くなって、がんばっていけそうな気がします。

うん、これは大事なことなんだけど、実際はなかなか難しいですよね。
こびや、お世辞でなく、本音で語りたいと思って、うっかり口にした言葉が、
人を傷つけたり、思わぬ誤解を招いてしまったりすることもありますね~。

人は立場や、その人の背景によって、それぞれ背負っているものが違うから
分かり合えない部分もある。
でも、それができる関係っていうのも必ずあると思うから、あきらめずに
進みたいですね。

> オーロラはご一緒できないかもできないけど、今年も気軽に誘って頂戴!
> 「宇宙から見たオーロラ展」行って見たいです。v-353

オーロラ展、ぜひ行ってみてください。月末なら、もう一度いけるかな~。
2011-01-18 Tue 23:52 | URL | Erica Blue #-[ 内容変更]
Re: タイトルなし
サブーイ兄さん、ありがとうございます。

> オーロラの写真はどれも幻想的ですが、これほどまで幻想的で抒情的なオーロラは初めてです。

兄さん、ほめすぎです(笑)。
もっとも~っとすごい写真を撮る方もいますし、これはまだまだです。
ただ、天から降りてきている感じは、感覚として間違っていないような気はしますね。

> ericaさんが付けた「天の音階」というタイトルもとても素敵です。

ありがとうございます。ふと思い浮かんだのですが、私も気に入ってます。
2011-01-18 Tue 23:56 | URL | Erica Blue #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| オーロラ‐ガラス |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。