The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
震災後の帰国  個人的・備忘録的に
2011-03-27 Sun 15:43
成田空港に着いたのは震災から3日後の3月14日。15時前だった。

入国から税関通過までは、不気味なほど静かですいていた。
が、外はやはり人であふれていた。それも時間がたつにつれ一層。
JRも京成電鉄も動いてはいなかった。
都心に向かうリムジンバスだけは、頻繁に動いているようだった。

自宅にもっとも近い場所まで座っていけることを優先し、18時のリムジンバスを、
ツアーで一緒だった大学生の女の子と予約した。

待ち時間はたっぷりあった。互いに荷物番をしながら、長丁場に備えてパンなど食料を
調達しに行ったが、出国階のパン屋にさえ、残りわずかに菓子パンが数個あるだけだった。
とにかくなんでもいいからと、パンと飲み物を購入。
携帯の電池も残りわずかだったので充電器も買った。
到着ロビーは人が更に溢れ、トイレは長蛇の列になっていた。
できることはとりあえずしたと思い、時間まで待機。

バスは満員だった。都内は混むだろう。
どのくらいかかるのだろうと不安に思いながらも爆睡。2時間ほどで到着。
いつもまばゆいばかりの照明にあふれた街は、暗く沈んで、普段はうるさいほどの
音響の家電量販店もシャッターがしまっている。
駅ビルもデパートもファーストフードもすべてしまっていて、よりどころなし。

さて、ここからが問題。
自宅最寄り駅まで、ここから電車で30分ほどなのだが、私の利用路線は全面的に運休。
タクシーを使うには遠いし、タクシーつかまえるのも大変。

携帯で迂回ルートを検索。
乗ったともない路線だけど、1時間ほど並んで満員のバスに乗車。
乗車して約1時間、満員でもたついてるうちに都バスに乗り換える予定の停留所を
私を含め数名が降り遅れる状態でバスが出発してしまった。次の停留所は終点。

はて?路頭に迷った。とにかく誰か捕まえて聞かなければ…。
待機中のバスの運転手さんらしき人に尋ねると、
「もう終バスの時間だよ。都バスなら、○○街道まで出て左!今ならまだ間に合うかも!」
お礼もそこそこに飛び出す。バス停はどこ?あ、バス停の名前聞くの忘れたが、いいや。
走って走って見つけたバス停、確かに2分後に、そのバスは来る。ホントに終バスだ。

来た!よろよろと乗り込んだ。安堵した。なんてラッキー。
(とはいえ、後日、計画停電時に同じ路線で痛い目を見るのだが・・・もう使いたくない。)
家に着いたのは、22時半。7時間半。リマ-ロスアンゼルス間くらいかかったかも。
長い一日だった。

たぶん、ほとんどの人が、こんな感じだったんではなかろうか?

被災した方たちに比べたら、なんということもないことだが、
本当に、「日本にえらいことが起きた」とわずかながら実感させられたのだった。
被災した方にとっては、どんなにかつらい現実だろうか。

私は日本を留守にしていて、地震に遭っていない。それが少し、負い目のように感じる。
仕事に行っていたら、明らかに帰宅難民だった。職場に泊まったかもしれない。
職場では、このようなときのために、帰宅ルートを明らかにしておくよう言われていた。
でも、今また、同じようなことになったら、自分はどうやって帰るのか。
地図を開いて、もう一度考えてみようと思った。


スポンサーサイト
別窓 | 旅のはなし | コメント:2 | トラックバック:0
<<極北写真義援金サイト 追記 サイト完成 参加させていただいております | オーロラ‐ガラス | 帰国しました!>>
この記事のコメント
大変だったね~
ほんとに帰りは大変だったんですね。成田は閉鎖されてると思ったのですが、帰国便は到着し始めたみたいですね。
そういえば、日曜日に帰国した人は成田泊といってました。私はもう地震の翌日から2~3日は家に閉じこもってたので、外の様子はわからなかったですが・・・時が完全にとまってました。乗ったことのないバスの経路で無事到着はすばらしいです。とにかく無事帰国よかったです。
2011-04-03 Sun 00:36 | URL | sakura #-[ 内容変更]
Re: 大変だったね~
sakuraさん、ありがとうございます。

> そういえば、日曜日に帰国した人は成田泊といってました。私はもう地震の翌日から2~3日は家に閉じこもってたので、外の様子はわからなかったですが・・・時が完全にとまってました。乗ったことのないバスの経路で無事到着はすばらしいです。とにかく無事帰国よかったです。

ご心配おかけしました。
帰国した翌日は、電車が運休して身動きできなかったので、会社にも行けず、次の日にやっと出社したときは、なんかとっても、皆さん心配してくださっていて、「アイツはどうした?」と思われていたのがよく分かりました。心配していただけること、ありがたいです。
2011-04-03 Sun 00:46 | URL | Erica Blue #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| オーロラ‐ガラス |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。