The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
1ヶ月
2011-04-12 Tue 23:45
東日本大震災発生から一ヶ月、一区切りはまだまだつかないですね。

太平洋プレート、北アメリカプレート、フィリピン海プレート、ユーラシアプレート。
それらが交錯、または影響する場所にある日本。
日本に住むということは、地震と共存していかなくてはならないということなんでしょうかね。

昨日、今日の大きな余震。地球にとっても、1カ月というのは一つの周期なのか・・・?
などとよくよく考えたら、元々、宇宙の中の太陽と月と地球という関係性の中で作られた暦。

潮の満ち引きも地球と月の引力の関係からだし、暦は人間が作ったものというよりは、
あちらからいただいた周期なんだな~。

これからも充分注意していかなくてはなりませんね。
外出時は、携帯の充電器、マグライト、ちょっとした食料(おやつ)を持っていくこの頃です。

とはいえ、人間は立ち止っているわけにはいかないので、そろそろ写真なども
載せていこうと思っております。


再度、宣伝。皆様あちこちで募金されていると思うので、ご無理は言えないですが、
前々回、ちゃんとしたものを載せていなかったので、再掲します。
私も微力ながら、ちょっとだけ参加させていただいています。以下サイトのTOPを引用。


バナー



極北を愛する人の東日本大震災応援プロジェクト 寄付受付

写真ダウンロード

全世界の極北ファンの人たちが、「楽しみながら」参加できる、大震災復興ファンドレイジング・プロジェクトを立ち上げました。

趣旨に賛同してくださった極北を愛する写真家、冒険家の方々が、極北の光景写真を、数多く提供してくださっています。写真は、PCの壁紙等として、自由にダウンロードできます。

ダウンロードと引き換えに、ファンドレイジングにご協力ください。
尚、金額の多寡は問いません。既に他機関への募金、ボランティア等、それぞれに活動されている方も多いかと思います。ただ、立場を越えた「極北ファン」の繋がりと温かさと力を、募金という形で表明することで、参加者全員が気持ちを共有できたら嬉しいです。

様々な垣根を越えて、極北を愛する人という立場から、震災支援の輪が広がることを祈ります。




スポンサーサイト
別窓 | 感じたこと | コメント:0 | トラックバック:0
<<プロローグ   Road to Uyuni | オーロラ‐ガラス | 時計>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| オーロラ‐ガラス |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。