The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
出発  Road to Uyuni
2011-04-19 Tue 00:57
「信じて動けば、うまくいく」と自分に言い聞かせて、ウユニへの旅に出た。

飛行ルート 成田→ロスアンゼルス(アメリカ)→リマ(ペルー)泊→ラパス(ボリビア)
総飛行時間  20時間以上  
出発から到着まで要する時間 約 30時間 足掛け2日

ビビンバ
<大韓航空 自慢の?ビビンバ>行きでは、写真をとる前に食べてしまったので(笑)、
実は帰りのフォト。機内食にしてはおいしいかった。



初めて乗った大韓航空機は快適だった。機内食のビビンバもなかなか美味しく、禁酒のつもりが、
白ワインまで飲んでしまった。
隣の席が空いてたおかげで、ゆったり過ごすことができた。


ロスアンゼルスに到着。
入国審査や荷物の預け入れが終わり、添乗員氏がチェックインに行き、数時間後に乗り継ぎ。
のはずが、チェックインカウンターでずっと話をしている。カウンターの前には長蛇の列。

リマの空港が閉鎖されてる?!飛行機が飛ばないらしい!
行きは席がバラバラで、互いによそよそしかったツアーメンバーに、急に連帯感が生まれる。

添乗員OK氏はひたすら交渉を続ける。なかなか頼もしい。
もう1時間以上話しているんじゃなかろうか?
メンバー全員も長蛇の列に並ぶ。
メキシコで商売をしているという日本人離れした賑やかさの社長さんも、日本人以外の旅人も、
リマに飛ぶ旅行者はみな足止めを食らっているわけだ。

やがて、添乗員氏が、LAN航空のカウンターから戻ってきた。
今日の飛行機は飛ばない。ここで足止め。明日リマへ向けて発つ。

航空会社からは、ロスアンゼルス空港のそばのホテルが提供された。
ロスアンゼルスは光がまぶしく、さすがに南国の風情だった。

お昼を食べて、各自自由行動ということにはなったが、全くの予定外で、ここに放り出されても、
それに悶々として部屋に引きこもっていても寝てしまうだけというので、近辺を周遊してるバスに
乗り、皆でマンハッタン・ビーチに繰り出した。


マンハッタン・ビーチ
<マンハッタン・ビーチ>まさに夏景色。しばし呆然と立ち尽くす私たちだった。

3月とはいえ、まだ寒い日本から、冷涼な気候の山岳地帯に行くつもりの我々。
しかも荷物はチェックインしたまま。
着の身着のままの私の服装は、黒いタートルネックセーターに、コーディユロイのパンツ。

土曜の昼下がりのマンハッタン・ビーチには、ビキニでビーチバレーにこうじるお姉さん、
波の間に見え隠れするサーファー、Tシャツに短パン、もしくは水着でジョギングする人々
というシチュエーション。

私たちは、まるでタイムスリップしてきた侍並みの場違い感で、浮きまくっていたに違いない。
それでもめげずに強い日差しの中を暑がりながら散歩し、スーパーで買い物をして過ごす。

夕食前、無為に過ごすのも悔しいのでホテルのそばで夕陽を見ていた。
ここはこんなにもお天気。
明日は本当に飛べるのか?正直言って不安でしかたなかった。

ロスの夕暮れ
<ロスの夕暮れ>明日はどうなる?!
スポンサーサイト
別窓 | No Border, No End. Road to Uyuni. | コメント:2 | トラックバック:0
<<未体験ゾーンへ | オーロラ‐ガラス | プロローグ   Road to Uyuni >>
この記事のコメント
次がまた楽しみ~
ロスの夕暮れ、いいなあ。 Best Time Best Shot だなv-352
2011-04-19 Tue 22:58 | URL | ドレミ #-[ 内容変更]
Re: 次がまた楽しみ~
ドレミさん、ありがとうございます。

> ロスの夕暮れ、いいなあ。 Best Time Best Shot だなv-352

ここは目の前を車がガンガン走っていて、ちょっと怖かったです。
2011-04-20 Wed 14:57 | URL | Erica Blue #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| オーロラ‐ガラス |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。