The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
疾走天空の鏡
2011-06-18 Sat 01:02
お忙しい中、まめに見てくださっている方、本当にごめんなさい。
週末に出かけていたのと仕事で首が回らなくなっているうちに、
またあっという間に半月過ぎてしまいました。
今年は本業に追われぎみですが、頑張って、ウユニは最後まで書きます。m(_ _)m
懲りずにたま~に見てくださいませ。



ウユニ塩湖の最高地点は3760メートル。およそ富士山の高さにあることになる。
塩湖の大きさは120キロメートル×100キロメートル、面積約1万2000平方キロメートル。
約20億トンの塩があるのだ。(数値は地球の歩き方より)
と、言ってもピンと来ないが。

Loveウユニ!
<LOVE ウユニ!>この風景の中ではこんなこともしてみたくなります。
ツアーメイトのお二人に登場していただきました。掲載OKいただきありがとうございます!



四駆が天空の鏡を疾走してゆく。なんという爽快感!至福の時。

疾走ウユニ塩湖
<疾走ウユニ塩湖>四駆が疾走していく。おや、上に乗っている人もいるぞ。うらやましいなあ!

見てるだけでも爽快だが、走るともっと爽快。
この瞬間を余すことなく味わうために、頭の中はからっぽ。
訳もなく笑い出してしまいそうなくらい。
広い塩湖だが、車はやみくもに走っているわけではなく、一定のルートは決まっているようで、
ドライバーは自分の感と轍を目印に走っているようだ。

塩の山と四駆
<塩の山と四駆>塩の集積所を通り過ぎた。なんか、いいぞ!
本当に何もない風景の連続なので、何かあるとうれしい(笑)。


塩の集積所には、小さな塩の山が連なっている。
上に乗ってもビクともしないほど、カチカチに固まっているのだ。
晴れて日差しが強くなってきた。目に入るのは青と白の世界。



プラヤブランカ遠景
<プラヤブランカのある風景>ウユニの旅人は必ずここを訪れているようだ。

塩湖の中に建物と人影が見えてきた。
「プラヤブランカ」最初にできた塩のホテルだ。
塩湖の中にある建物は、ほぼここだけのようだが、今はホテルとしての営業はしていない。
中には売店があり、絵はがきなどは売ってたようだ。


プラヤブランカ
<プラヤブランカ概観>

中に自由に入って見学できるので、個室など開けてみていたら、日本人の男の子が慌てて
飛んできた。彼らはバックパッカー。
ホテルのベッドも寝具もそのままになっているので、どうやら無断で寝泊まりしているらしい。

プラヤブランカ内部
<プラヤブランカ内部>あらゆるものが塩でできていた。

プラヤブランカの内装は、壁もテーブルや椅子も、すべて塩。
そして動物や人間?の像もすべて塩でできている。

プラヤブランカ塩の像?
<プラヤブランカ塩の像?>なんだかなあ?と思うような像だけど・・・。


プラヤブランカの外には、各国の国旗が飾られていて、みな自国の国旗など持って
記念撮影をしていた。

ふだんは、そんなこと恥ずかしくてやらないけど、はい、私も記念撮影してしまいました(笑)。



スポンサーサイト
別窓 | No Border, No End. Road to Uyuni. | コメント:2 | トラックバック:0
<<塩湖でランチ | オーロラ‐ガラス | ウユニでジャンプ!>>
この記事のコメント
ここには行きたいなあ
雲と湖面のバランスがいいなあ。あ、写真のことね。

なんか別世界。 でも、ここにいたら高血圧になりそう~(笑)
2011-06-18 Sat 08:24 | URL | ドレミ #-[ 内容変更]
Re: ここには行きたいなあ
ドレミさん、ありがとうございます!
確かに別世界です。現地の人には珍しくもない風景なんでしょうね。
高所だと血圧上がりますかね?興奮状態なのは確かです(笑)。



> 雲と湖面のバランスがいいなあ。あ、写真のことね。
>
> なんか別世界。 でも、ここにいたら高血圧になりそう~(笑)
2011-06-22 Wed 23:24 | URL | Erica Blue #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| オーロラ‐ガラス |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。