The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
夜明け
2011-06-29 Wed 00:01
早朝、残念な気持ちからか、気分が高揚しすぎなのか、目が覚めてしまった。
ぼんやりした頭で、カーテンを開ける。
雨降ってない!窓ごしに空を見る。星がみえる!

いきなりスイッチが入ってしまった。
私の頭によからぬ?考えが…。

団体行動だからな~。さすがに塩湖まで行ってなにかあったら、まずいからな~。
ホテルの前ならいいだろう。せっかくだから星くらいは見たい。

ルームメートはまだ寝ている。暗闇の中でマグライトを頼りに身支度をする。
と、同室のTさんを起こしてしまった!

ごめん~と計画を打ち明けると、「私も行く!」と言う。
結局、二人してコソコソとホテルの玄関に行くと、容易に外に出ることができた。
空はじきに明るくなりそうだったが、星は充分輝いていた。
屋根の上に天の川。
とりあえず見れて良かった。

朝の星空
<朝の星空>時間もないので、ホテルの建物越しに空を撮った。もう東のほうは白みかけている。


カメラをセットするうちにも、朝が近づいている。気ばかり焦る。
ホテルの灯りを避けたりしているうちに、空は明るくなってしまった。
夜明け前の空は蒼い。
やがて少し赤みがでてきたが、あまり焼けないようだ。


夜明け間近
<夜明け間近>薄い雲があるけど、あまり焼けなかった。


それでも、こうなったらご来光を見ようと一人残っていると、同宿のフリーで
泊まっている日本人客が数人出てきた。

ご来光
<ご来光>太陽が出る。ただそれだけだが、ふいに暖かさを感じる。いつもながら、太陽のパワーってすごい。


朝焼けにはならなかったし、日の出はあっけなかったが、隣で太陽に手を会わせていた
女の子の言う通り、「こんな場所で日の出を見られるなんて、なんて幸せなんだろう」。
全くその通り。今日も、どうやらお天気になりそうだ。
スポンサーサイト
別窓 | No Border, No End. Road to Uyuni. | コメント:0 | トラックバック:0
<<No border No End | オーロラ‐ガラス | たそがれまで>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| オーロラ‐ガラス |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。