The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
塩三昧
2011-07-16 Sat 11:58
ランチの後、昨日ほどのバカ騒ぎはなく、今日は静かに移動。
ウユニ塩湖はNHKの番組「WONDER×WONDER(ワンダー×ワンダー)」で言うところの、
世界で最も平らな場所ということだ。今日も地平線までずっと鏡が続いている。

(ちなみに、NHKのサイトには、すでに終了した番組だけど、番組の予告動画があったり、
プロが撮った壁紙があったり、なぜかパズルがあったりして、結構楽しめます。
NHKのまわしものではないですが・・・。)


鏡面並走
<鏡面並走>並走する四駆から撮影。水平な場所なのだが、結構揺れるのですよね。

毎日くじ引きで搭乗車を決めているのだが、ドライバーさんは、
それぞれに好きな曲を流している。
明るいフォルクローレあり、賑やかなサンバあり。

今日のドライバーさんは強面なわりにセンチメンタルなラテンのナンバーがお気に入りのよう。
揺れと疲労とが相まって、ふと、うとうとzzz-。

い、いかん!塩湖の風景を満喫するんだった。1秒だって惜しいのだ。
ほっぺをバシバシ叩いて、あたりを見まわす。ん?あれって自転車だよね?
世界で最も平らだからな、そりゃ、自転車だって走るか?
でも、水の抵抗もあるし、かなり大変だと思うんだけど。
手を振ると男性のほうが応えてくれた。

サイクリング?
<サイクリング?>やっほ~!ヤッホー!気持ちよさそう?!


陸にあがり、製塩所を見に、コルチャニという村を訪れた。
焼いた塩を粉砕し、袋詰めをしていたが、とてもアバウトかつ原始的な方法でパッキングしていた。

塩のパッキング作業中
<塩のパッキング作業中>量をを図るでもなく、おじさんは、袋でざっくりすくって、
ビニールを火であぶり、封をしていた。すげーアバウトです。でものんきでいいなあ。



値段は2ボリビアーノ。日本円で20円くらいか。でも、買い物のおまけでもらったんだけど。
分量は2キロということだったが、日本で計ったら、2キロより少なかった。
乾燥したのかもしれないが。

焼いた塩
<焼いた塩>粉砕する前のものなので、かたまりがごろごろ。


製塩所の近くには、お土産屋が、2軒ほどあっていろんなものが売られていた。
アルパカのマフラーやポンチョ、ニットの帽子、鮮やかな色だが、縫製がびっくりするほど、
てきとーな小物入れ、塩でできた置物などなど。
意外にまけてくれなかったけれど。

帰りにビクーニャの群れを見た。とっさだったので、写真は撮れなかった。
夕方までしばしホテルで待機。

この日はメンバーの一人がお誕生日で、サプライズ・バースデーパーティーをする事になっていた。
というわけで、秘密裏にバースデイカードの準備をして過ごした。
旅先で誕生日なんて、ちょっとうらやましいな。
スポンサーサイト
別窓 | No Border, No End. Road to Uyuni. | コメント:0 | トラックバック:0
<<祝 優勝 なでしこJAPAN | オーロラ‐ガラス | No border No End>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| オーロラ‐ガラス |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。