The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
ブルーベリー
2006-08-25 Fri 23:41
小さなShopで、商品を見たり、他のお客さんと話したりしてから外に出たら、お天気雪だった。舞う雪に光が反射してキラキラしている。ああ、きれいだ~写真撮ろう…。
あれっ?しまった荷物を忘れてきた?荷物は大丈夫だろうか?と思ったら……………
目が覚めた。夢だったのだ。そうカラフルな夢。ダイヤモンドダスト(見たことないけど)みたいな雪はホントに金色に輝いてきれいだった。熱帯夜の東京で冬のカナダ(たぶん)の夢を見るとは…。枕元の携帯の時刻表示は2時近くだった。

今年はもう無理だけど、いつか今頃の季節に極北に行ってみたい。
そしてツンドラの紅葉を見てみたい。極北の季節の移り変わりは速いから、チャンスをとらえるのは難しいかもしれない。
2年前の9月に初めてホワイトホースに行ったとき、朝食に出されたパンケーキに何かが入っていたのだが、とても美味しかった。聞いたら、appleだという。それ以来、家でも果物をいれてパンケーキ(ホットケーキのほうが日本人にはしっくりくるが)を時々焼く。
ブルーベリー

ブルーベリーホットケーキ

カナダでは、野生のブルーベリーはもう黄葉の季節だそうだ。星野道夫さんの書籍だったか、雑誌Coyoteだったか、フレッシュなブルーベリーをホットケーキに入れると美味しいという記述を読んだ。それで憧れてブルーベリーも入れるようになった。
よく行く農協に、土地の農家さんが作るブルーべリーが並んでいたので、買ってみた。
ジャムはさほど好きではないのだが、生で食べるブルーベリーは美味しい。
野生で熟したらさぞやと思う。
そして、生ブルーベリーをホットケーキに入れると、果実が自然のソースになってこれまた美味しい。普通にみんなやっているかもしれないけれど。
ブルーベリーが余ったら痛む前に凍らせて一粒シャーベットはいかが。
野生のブルーベリーを人や野生動物が寄ってたかって食べても、アラスカの99%のブルーベリーは、誰にも食べられずに終わってしまうのだと、星野さんの書籍にあった。
その自然は今もかわらないだろうか…。
スポンサーサイト
別窓 | 感じたこと | コメント:0 | トラックバック:0
<<鮭が来る村(7月26日の旅のはなしのつづき) | オーロラ‐ガラス | 中垣哲也さん写真展『オーロラに包まれて~この美しい地球でもっとも崇高な夜空~』>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| オーロラ‐ガラス |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。