The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
世界遺産 グレイシャー・ベイ国立公園 1
2006-09-12 Tue 23:59
グレーシャーベイ。世界遺産である。3月にTBSで放送されて、急に有名になったかも。
この日は一行のお待ちかねのグレーシャーベイ・クルーズである。
ジュノーから飛行機でガスタバスまで飛び、バンでバートレッドコーブへ移動。
ここからクルーズ船に乗る。乗船するなり、挨拶とともに、いきなりマグカップを渡された。
クルーズの実用的記念品だ。底を見たら、made in china だった。ちょっと苦笑。
(吹きガラスを作る人間は、器の底を見る癖があって、こんなところでも出てしまう。)
いよいよ氷河と野生動物を見ながらのクルーズが始まろうとしているのだ。
動物が姿を現すと、「何時の方向に鯨が~」とか、アナウンスで教えてくれる。
そのたびにカメラを向けたが、私のカメラのズームレンズではたちうちできない距離だった。
ランチを受け取りにいったとき、船のすぐそばをイルカ(確か…)が泳いでいたのだが、手が離せず断念。といっても一瞬だから難しいのだが。
とどさんのコロニー

最初に船が泊まったのは、とどや海鳥のコロニーがある島。
とどは、かなり獰猛な感じだ。300ミリのズームを借りて撮ったけど、まだ小さいですな。
クルーズ船は、途中の岸ではカヤックを漕ぐ人達を降ろしていた。同時にピックアップもするのだ。ふうんなるほど。こうやって、キャンプしながらカヤックを漕いで、旅するんだな~。
自然と一体になるような旅が出来る人達が羨ましくなる。できたらいいな。
しばらく淡々としたクルーズが続き、スタッフのレクチャーを聞いたりしながら時間が過ぎる。英語だから、私には良く分からないが、スタッフの誰もが、この仕事に誇りをもって楽しんでいる感じだ。
しばらくぼんやりしていたが、急に船の中が活気づいたと思ったら、氷河が見えてきた。
慌ててデッキに出る。頬に当たる風が冷たくなっていた。でも心の中は興奮で暖かだ。
静かなる氷河

>つづく>
スポンサーサイト
別窓 | 旅のはなし | コメント:2 | トラックバック:0
<<世界遺産 グレイシャー・ベイ国立公園 2 | オーロラ‐ガラス | ジュノーは今日も雨 だった・・・>>
この記事のコメント
写真集
Ericaさん、旅行記じっくりと、ずっと続けて読んでみたいですね。(ごめんなさい、いつも夜遅いので、さっと読むだけがおおいんですが・・)写真集にでもしたら良いぐらいの、すばらしい内容ですよ。 今度機会があったら、ぜひ、お供させてください。

世界遺産といえば、20代の頃、ミディ運河で10日間クルーズしました。 ぜひもう一度訪れたい場所です。
若くて?!そのよさがいまいちわからなかったので・・一緒に行きませんか?
2006-09-16 Sat 00:06 | URL | ドレミ #EmzeZEY2[ 内容変更]
ドレミさんありがとうございます
そんなことを言ってくださる方は、なかなかいらっしゃらないと思うので、本当にありがたいです。
アラスカ旅行記、もう少しで終わりですが、いましばらくお付き合いください。
続けて書いていないので、並べたらどんな感じになるか、想像できないんですが、いつかHPでも作って、そこにまとめてみますか・・・。
ミディ運河調べてみますね。クルーズっていいですよね。
ゆったり自然を楽しめて。飛行機や徒歩もいいですが。
空と海と陸と、いろいろ行きたいですね。
2006-09-16 Sat 01:24 | URL | Erica #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| オーロラ‐ガラス |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。