The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
俯瞰(ふかん)する
2006-11-05 Sun 23:43
落ち込んだとき、皆さんはどうやって気持ちを立て直しますか?

友達にメールする、電話する、おしゃべりする?お酒を飲む、好物を食べる、買い物をする、きちんとお化粧をして気合を入れる(一応女なので)。
人に迷惑をかけてもなあというときもあるし、飲んだり食べたりは、あとで落とし前がくることだろうし、悲しい。
人はこんなとき、どうやって時を過ごすのか?と思うことがある。
副作用がなくて、即効性のある「くすり」はなんだろう・・・。
あるとき、思いついたのは、高いところに上がってみること。

北展望台より

昨日は暇だったので、久しぶりに都庁の展望台に上がってみた。
雲が厚く、せっかくさっきまで見えていた夕日をも隠してしまった。
夕焼けにならない空。かすんだ地平線。
期待するような景色ではなかった。でも、この新宿という、とりすました面と、ひどく猥雑な面を併せ持った大きな街を俯瞰して見ていると、自分のこともちょっと客観的に見れるような気がする。かな?
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:6 | トラックバック:0
<<俯瞰する2 身近な自然、遠くの自然 | オーロラ‐ガラス | したたるユーコンの黄葉>>
この記事のコメント
都庁展望台は未体験
俯瞰」って言葉初耳でしたv-396
視点を高くするということで、見方も変わってきますね。
究極は宇宙から地球を見ることでしょうか? 

高層ビルからの写真もいいアングルから撮れていますねえ。見て安心する(ほっとする?)構図だとおもいます。
2006-11-07 Tue 08:28 | URL | ドレミ #-[ 内容変更]
どうしましたか?
何かありましたか?気になりました。
いつでもお付き合いします。ぱーとやりましょう!
でも・・・ほんとに落ち込んだ時私は、思いっきり泣きます。
いつまでも泣いていてもしょうがないと思うまで。
悲しい事の後には必ず楽しい事があります。
いつもHAPPYで笑っていて下さい。エリカさんの笑顔ほんとすてきです。
2006-11-07 Tue 22:14 | URL | yuki #-[ 内容変更]
ありがとうございます・・・
ドレミさん
俯瞰するって非日常的なんですよね。特に私のように小さい人間は、ほとんどの場合見上げていることが多いので、たまには見下ろすことがいいのかもしれません。
Google Earthで、宇宙から地球を見るような気分が味わえますよね。宇宙船のパイロットみたいに。
地図って元々、世界を俯瞰しているわけなんですよね。

Yukiさん
この前は、ありがとうございました。あの時は笑いすぎてたかもしれません。顔が疲れるくらいに。
おっしゃる通り、泣けるようなときは泣くのが一番ですよね~。
憂い顔が似合う美人ではないので、自分は笑顔じゃないとだめだなという自覚はあるんですが、泣くのも笑うのも、思うようにできないときがありますね。でも、やらないとね。





2006-11-08 Wed 23:32 | URL | Erica #-[ 内容変更]
俯瞰するっていいですね。ずっと前にテレビで見た、地図製作者を思い出しました。彼は、鳥の目の視点から地図を作っていて、まさにGoogleの地図を絵にしたような、すばらしいものでした。

東京でも、ユーコンでもやはり空からの視点って特別ですね。
2006-11-12 Sun 15:46 | URL | 上村 知弘 #-[ 内容変更]
空から見る景色
上村さん、そうですね。仕事で地図を見る機会が多いので、海外旅行するときなど、飛行機から下界を見るのが好きです。
ここはどこだろうなんて、いつもわかるわけじゃないですが、ああ地図の通りだなんて、確認して喜んだりします。ヘン?
2006-11-13 Mon 22:30 | URL | Erica #-[ 内容変更]
地図
いや、その気持ちわかります。なんか安心しますよね。地図どおりって。本来は逆ってわかっていても。。。
2006-11-14 Tue 16:22 | URL | 上村 知弘 #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| オーロラ‐ガラス |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。